2015年11月24日火曜日

再掲。あらゆる情報を手に入れたい。あらゆる情報から結論を出したい

これ前も書いた。

三角形の合同(まったく同じ形)の証明方法はいくつかあって、例えば三角形の三辺の長さが同じならば合同。隣り合う二辺の長さが同じで、その辺同士の間の角度が同じならば合同。有る1片の長さが同じで、その両隣の辺との角度が2つともそれぞれ同じならばまた合同。

机上ではそれで証明になる。

と、とおちゃんは言う。

しかし実際の世界では、更にいろんな条件がどうなっているのか調べなきゃダメだと。あらゆる観察しうるものを観察して傍証なり反証の材料をかき集めろと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株もまた一緒。チャートは上がりそうに見える。業界は追い風だよな。この会社の社員はよく教育されてるみたい。直近の業績は右肩上がり、まだまだ伸びる余地有る・・・。

いろんな手がかりを「傍証」にしたいですね。どんな事柄でも傍証になりうる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今の若い人は、有る証券会社の営業マンが、えいぎょうにいくたびにカルピスを出されることに気がついてカルピスの相場が始まった、なんて昔話は知らないだろうなあ。
(むかし、カルピスは上場企業だったのだ)

どんなところでも取っ掛かりになる。
見逃してはイカンらしい。

0 件のコメント: