2015年11月9日月曜日

韓国代表「三塁手」でギャンブル?失敗

日本対韓国は大谷投手の好投(流石にこのシーズンオフに160キロの玉と150近いフォークは打ちづらいか)と日本のやや幸運な先制点もあり日本が快勝。ただ、韓国では三塁手起用に疑問の声も。。。

昨日、韓国の三塁を守ったのはホギョンミン(トゥサン)。本来サードはロッテジャイアンツのファンジェギン(今シーズン、ポスティングによる大リーグ移籍を希望)なのだが、ホギョンミンはつい最近までポストシーズンでプレーしていたという実戦感、さらにポストシーズンでの大活躍が認められての抜擢だった。一方、ファンのほうがポスティングをめぐる球団との交渉が長引いていることもあり、やや実践感覚がかけていることも選抜抜擢の遠因となったか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結果としてサードベースに当たるラッキーなヒットを処理できなかったこと、更にはチャンスで三振に倒れるなど期待に答えられなかったことが韓国の敗北につながった。
調子のいい選手を使うか実績を選ぶかはなかなか難しいところなのだろうが。。。

ある部分采配としては「奇襲」だったのだが今回はうまく行かなかったようで。。

0 件のコメント: