2015年10月9日金曜日

幻と消えるか?S-FRの運命は

もうすぐ東京モーターショー。各社が魅力的なモデルを並べています。全く量産を考えないショーモデルもあれば、販売が決定しているモデルも有ります。

そして中には「このまますぐに売り出せそう」と思えるけど、まだ販売は見えていないモデルなんてのも有ります。

注目はトヨタのS-FRでしょうか。
ショーモデルですが、きっちり5ナンバーサイズで作りこんでありますし、関係法規にも対応した部品がちゃんとついています。内装も現実的に作られており、あしたにでも売りだせそうな現実性があります。

モチーフは「ヨタハチ」こと「トヨタスポーツ800」でしょうね。




もともと、トヨタは今の社長になってから「普通の車も運動性を高く」そして売れないからと途絶えていたスポーツカーを86で復活させました。今後もスープラ後継車を出すなどスポーツカーを作ることも大きなメーカーの責任と捉えているところがあります。

ラリーに復帰するというのも、社長の意向が強いんでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、肝いりで作った86ですが当初の狙いよりもクルマが高価になったためか、20代や30代の間に売れたわけではありません。おもにアラサーや子育てが終わった引退世代に売れてしまった経緯があります。
そこで排気量を1500ccに落としたもう少し小さく安い後輪駆動のスポーツカー、というのがこのS-FRの狙いでしょうか?すくない排気量ながら軽量小型で人気を博したスポーツ800の精神を受け継ぐモデルとも言えます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
問題はいまのトヨタの状況でしょう。

ラリーに参加するためには小型のFF車のベーススポーツモデルが必要です。
加えてマツダと提携した今、ロードスターを使った小型モデルの開発ということもありえるでしょう。
その他諸々を考えると「一からS-FRを商品化して割に合うのか?」という商業的な問題点が浮かび上がってくるのです。

奇しくも「作っている人たちがほしいと思った小型のスポーツモデル」という開発経緯はホンダのS660と同じ。
S660がホンダのS800やビートの精神的後継車であるならば、S-FRはスポーツ800の精神的後継車でしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
売ってたらほしいけど。

うらないだろうなあ。

0 件のコメント: