2015年10月10日土曜日

シリア、泥沼化か。米軍は非ISの反体制派への武器援助、ロシアはアサド体制と(イランとイラクと)一体で反体制派への空爆継続へ

シリアは混迷続く。
誤解が多いけど、シリアで大量に難民が発生したのは何もISのせいではない。その大部分が政府軍がかなり無茶して空爆や対地攻撃を行った結果。まあ悪いのはシリア政府だ。

そコに乗じてISが台頭してきたというわけ。

アメリカなど有志連合は対ISで空爆を行ってきたが、シリア政府軍を積極的に叩くとかそこまではやってない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方でロシアが出てきた。ロシアは積極的にISを叩くとか行っているが、その実態はもちろん言い訳程度にISを叩くけど、真の狙いはシリア政府軍と対峙する反政府勢力を叩き、シリア軍と一体になってアサド体制を守ることにある。

今後アメリカは積極的に反政府勢力へ武器を供給していくだろう。CIAを中心に秘密部隊によるこうどうがあるかも。

そしてロシアは対ISをお題目にしながらその反政府勢力を叩きに行く。
建前ではお互い「対ISを作戦」を掲げながらお互いが叩き合う。そんな地獄絵図が近づきつつあります。

さすがに核は使わないだろうけどw弾道ミサイルの使用はしないと思うけど。

アメリカもロシアも通常爆弾(バンカーバスター含む)を搭載した戦略爆撃機を使ってくるぐらいのエスカレーションはありうるかもね。ロシアは、プーチンはなんでもありだから。すでに巡航ミサイルは使った。自国、いや自分のプレゼンス向上のためにならもはや何をしても驚かん。


これは覇権争いだ。中東の盟主の名を賭けた。

0 件のコメント: