2015年10月9日金曜日

遮熱は大事。

結構な予算をかけてリフォーム中です。

で、今回のリフォームでは最新の技術を使って「遮熱」にも力を入れてます。
(うちは義父の家なのでかなり立派な作り(世間基準では豪邸です)ですが、やはり20年の時の差を感じる部分も有ります。
電気周りの取り回しとか、水回り、そして断熱ですね。こういうのってどんどん進化してるのを今回のリフォームで改めて感じました)

内窓と「スペーシア」という真空断熱ガラスをそれぞれの箇所に取り入れたり、壁の間にはいちばん新しい断熱材を入れてもらうことに。
あと定番ですが吉野のタイガーボード(耐火ボードですね)を使用。

まだ、二階と廊下の小窓を入れ替えただけなのですが、効果てきめん。

夜はこの時期、窓ガラスに近づくだけで「体がひんやり」したのですが、内窓とスペーシアを入れたところはまるで壁のように断熱してます。むしろ何も対策していないトイレドアのほうがひんやりするくらい。これはびっくり。

板ガラスの株は上がらんけどね。
内窓とスペーシア。リフォームと新築をお考えのかたはぜひ。
スペーシアはほぼ結露しないという素晴らしい利点も有ります。

0 件のコメント: