2015年10月17日土曜日

フルラインナップのよさ、と持たないこと。

日産と三菱自動車は「次の」軽自動車の生産を協力して行うことを発表。日本国内の生産台数維持のために日産が軽自動車を完全に自前で作りたい、と一時期漏らしたことがあっただけに、「とりあえず」の協力体制継続か。

ただ、現行の軽自動車が「三菱設計、三菱生産、調達は日産が協力」だったのに対して今度は「日産が設計、三菱が生産、調達は日産主導」になるようだ。今までの軽自動車が「三菱の既存部品」をつかっていたために起こっていたネガもこれで消えるといいね。(他追えばいまの両社の軽自動車はFFなのに運転席の左足元が狭い。これは新しくFF専用のエンジンをゼロから作れなかった排気系取り回しの欠点(古い車からの持ち越し)のためと言われている。)

三菱としては生産台数は確保しつつ、研究開発のリソースをRVと新興国向けの小型車に向けることが出来る。
日産としては生産台数は取れないけれど、より自社の販売戦略に近い車を作って売っていこうと。
自動ブレーキや安全支援システムは日産のほうが上みたいだし、それを組み込んだクルマを最初から考えて作れるメリットも有るだろう。ホンダスズキダイハツの「軽自動車三強」にゼロから挑みなおす形になる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて話は飛ぶが。。。僕の好きな株に自転車部品、釣り具メーカーのシマノがある。シマノは、自転車部品で日本がカンパニョーロという海外メーカーの後塵を配していた時からずっと「フルラインナップ」メーカーだった。特殊な部品に特化することなく、トップエンドの部品から、入門者の部品まで全て作ってきた。
そして、シマノは「まずトップエンドで新機軸を投入」。そして一年あるいは数年かけて、それをミドルレンジ、さらに入門用というふうにおろしていって「技術の民主化」を図っていった。

既存の仕組みしか作れなかったカンパを追い越すのにそれでも20年はかかっただろうか?潮目が変わったのはブレーキレバーとギアレバーを一体化したところだろうか。それまでハンドルから手を話さないとギアが変えれなかったのが、ハンドルを持ったまま、自在にギアを操れるようになったのだ。

写真。昔の自転車のギアはフレームに付いたレバーを動かしていた。当然、この間ハンドルから片手を離さないといけない。
 
写真。いまのロードレーサーはギアとブレーキレバーが一体になってる(STIレバーという商品名)。ブレーキレバーが二本に分かれてて、内側のレバーと外側のレバーを「オス」ことでギアが変わる。ハンドルを持ったまま操作できるので安全だし、レースのように一瞬で勝負が別れるときに非常に便利。初心者にも扱いやすいという一石三鳥くらいはある画期的な部品となった。


そして、数年前から始まったのが「変速機の電動化」。今までギアの変速はギアにつながったワイヤーを「手の力」で動かしていた。それだけ手にも負担がかかるし、一気にギアを変えるときは力も必要になる。さらにワイヤを使うので、ワイヤが伸びてくると調整が必要になってくるのでメンテナンスが面倒。
しかしギアをサーボモーターで動かすことにし、ギアレバーは単なる「スイッチ」にしてしまったのだ。これによってギアはどんなメカニックが付けても非常に高精度で変速出来る。変速スピードも格段に向上。すごく高いトップエンドの製品が自転車愛好家の間にあっという間に飛ぶように売れていった。さらに最近ではしたの方までこの製品が入っていっている。
 

ハイエンドの製品はもともと値段が高いので、新技術のコストを「乗せやすい」。そこで開発費をある程度回収したら、値段も安くなってきてミドルレンジに載せられる。更にコストを回収しつつ大量生産でコストを下げて入門用に。。。という風に変わっていくのだ。


こうやってブレーキレバーとギアレバー一体型のレバーとか、電動ギアチェンジ、MTB用のディスクブレークなどがどんどん普及していった。フルラインナップな商品を持っているからの強み。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シマノはこうやってオンロードで完全に市場を制した。そんでもって数年前まで不振だったMTB部門でもここ2,3年で急激に盛り返した。トップエンドからどんどんボトムへ下ろしていく戦略の強さなのだ。

シマノ、何度かブログでもとりあげたけど、株価がこんなに上がった裏には、驚くべき画期的なアイデア、それをトップエンドから実現していく販売戦略と技術力の裏付けがあるんだね。
株価は「欧米向けに電動部品が好調。と新興国向けのMTBでシェア急回復」このふたつが合成波動になってここんところ急騰というか歴史的高値をつけてる
新天地が書いたように、新製品が業績をどかすか上げた例ではあります。僕は上げる前からこの商品すげーって書いた。ちょっと自慢w
これは行ける!っていう商品が世に出てから、株価が上がるまで5年かかったけどね。w
早過ぎるのも問題あるのか・・・。
ただ、あまりにも予想通り、2011年ころからの怒涛の新製品ラッシュがシマノの市場占有率を大幅にアップさせたことだけは間違いありませんね


あ、シマノ、そろそろ空売りするとこね。欧州でハイエンド、新興国でシェア拡大で儲かってるんだから、これからこれが続くのは難しいだろうと。週足で(あるいは月足で)上髭になるような戻りを待ち伏せ売して10000円くらいまで下がってくれるのを待ちたいかな。ストップ・ロスは新高値更新で。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
例えばトヨタ。今までレクサスと「トヨタ」のクルマではある作り方の違いがあった。

構造接着剤の使用である。
接着剤でくっつけたところで「大幅な強度のあっぷなんてあるのか?」
実は機械で図るとそんなにさがないという話しもある。

しかし実際に乗ってみるとその差は歴然らしいのだ。官能的な差といいますか。

これがいまだ安いスポット溶接だけで作られてる日本車と欧州プレミアムのクルマとの差だろうという話も。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クラウンはマイナーチェンッジに際して溶接の打ちマシとこの構造用接着剤の使用に踏み切った。
トヨタとしてはレクサスという「実験室」での結果を踏まえて、クラウンからローエンドに技術をおろしていこうということなんだろう 。これがまさに「ハイエンド」からしたまでラインアップを持ってる強みなんだ。

レーザー溶接もいずれトヨタ車に回ってくと思われる。レーザー溶接の機械メーカーストロングバイ???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三菱自動車はある意味でローエンドを捨ててRVに特化していこうと言うんだろう。
ローバーはそういう戦略でうまくやってるわけで間違ってはいない。
ただ、技術を末端に「広げていけない戦略」に不安を覚えるんだよな。

いっその事トヨタに株買って貰ったら???

甘いかw

0 件のコメント: