2015年10月29日木曜日

東京モーターショー開幕

東京モーターショー開幕。株価には関係ないけど見どころを
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一番耳目を集めたのはやはりマツダの「RX]だろうか。ロータリーエンジン搭載で市販したいことを経営陣が明言。世間では、トヨタと共作で(次期86?)発売されるという噂もあり注目でしょうか。
t要ワイドアンドローの車体は小型なロータリーエンジンならではのデザイン。もちろん、市販化されるならもう少し横幅は狭くなるんでしょうが。。車体はロードスターのプラットフォームを転用すると見られ、かなり軽量に仕上がると思われます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホンダはモーターショーに合わせてマスコミを招いてシビックタイプRと新型NSX、さらに燃料電池車「クラリティ」の試乗を開催。昨日が記事の解禁日(この手の試乗は「何月何日から記事にしてくださいね」という解禁日が設けられることが多い)だったようで一斉に記事が出てた。なかなか好評のようだ。特にNSXは写真で見るより実物が数倍かっこいい、と表する記事が多いね。

燃料電池車クラリティ。ちょっとださいw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヤマハは二座スポーツカーを展示。
ただしやはり市販するつもりはなさそうでちょっと残念かね。

ぜひ市販して欲しいが。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トヨタは「ワールドプレミア」(世界発公開)はレクサスのコンセプトカー「LF-FC」のみ。コンセプトカーとは言え、このままの形に近い形で、レクサスのフラグシップとして発売されそう。
後輪駆動をメインにしつつ、新型NSXと同じようにフロントを「インホイールモーター」(タイヤの車軸に直接くっつけたようなモーター)で駆動する4WD。
注目は「燃料電池」車であること。まだ燃料電池車をまともに市販できるのは(それでも開発費を考えれば赤字だろうが)トヨタとホンダだけ。(ヒュンダイ?死にたければどうぞ。信頼性が違う)そんな中で「すでに高級車として展開できるよ、2020年までに」というトヨタのメッセージは他社にとっては強烈でしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三菱はEXコンセプト、というEVのSUVを発表。これが次期RVRということになるんでしょう。アウトランダーのPHEVは三菱の数少ない人気車ですがこれよりも小さい、売れ筋の小型SUVの分野で、電気自動車やプラグインハイブリッドで訴求しようと言うモデルですね。

背が高いSUVは実は大きな電池を使うEVを作りやすい面もあります。単価が高く、パジェロのイメージも有り、電動技術で先行する三菱がこういうモデルをもっとバンバンでしてくるべきだと思うんですけどね。

ただ、あくまでショーモデルで、市販される前にもっと普通になってしまうかもですが。

なお。国内勢では唯一、アップルカープレイとアンドロイドオートというシステムに対応するテレマティクスを発表していたのはもっと注目されていいでしょうね。これが入ってくると国内のナビの会社は辛いかなあ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目についたのはこんなところでしょうか。
昔、日産のCMに出てたイチローが新型プリウスのPRに出てきたのは少し驚き、かなあ。

まあ随分たつもんね。「イチロ日産」って言ってた時から。

0 件のコメント: