2015年10月23日金曜日

ドラフトと企業経営は似てるよな

ドラフト

ヤクルトの真中監督がやっちゃったドラフト会議。

つらつら見てると、注目はソフトバンクホークスと思います。
岐阜の逸材、高橋を抽選で競り勝ち、高橋含めて6人を高校生で。

「いま強いから、将来に備えた余裕ある指名ができる」
好循環といえるんでしょう。


そのほか近年のドラフトで「玄人路線を狙い過ぎじゃねえ?」と思われてきた中日が高橋をくじでソフトバンクに取られたものの、順調に高校NO1左腕、社会人NO1捕手を獲得と珍しく「王道路線」。今までとは作戦の責任者が変わった???

反対に笑っちゃいけないけど、まるで無造作に考え無しに投手をドカドカ取りに行ったのが巨人。
あれだけ打てない、しかも野手が高齢化してて一気に辞めそうなのに。即戦力もなければ将来性を考えた野手の補強なし。
もちろん、賭博三羽烏がクビになることが前提だろう。笑っちゃいけないけどね。実際問
題数が足りなくなるんだから。

やむを得ないんだけど、雨漏りしたところを慌ててガムテープで貼ってるような。
でも屋台骨から傾いているという(^_^;)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
わがDeNAは今永を指名。駒大は彼の好調とともに去年13季ぶりの神宮大会V。しかし今季は全くダメでリーグ戦で最下位争いを繰り広げた。
現在肩の調子は6割程度ということだが、3年の時に戻れれば即戦力でしょう。3年の時は上位指名が重複するのは間違いないと言われていた逸材。現に今永が投げる試合には2桁のスカウトが集結していたとか。回復に期待します。他の球団が避けたギャンブルが吉とでるか凶と出るか。



熊原も例年なら1位クラスのピッチャーでしょう。よく二巡目に残ってたなと。今年は高校生が一位に出てきたので、その分2巡目まで残っていましたね。

DeNAはソフトバンクとは対照的にとにかく「即戦力」。
可能性よりも、アマチュアで実績がある選手で固めてきました。それが結果論として正解かどうかはさておき「狙いがはっきりしてる」点が好感持てます。いままであれもこれもで狙いすぎて結局うまく言ってないですからね。DeNAはフロントがしっかりしてきたような気がする。



結局、親会社が人と金をしっかり出さないと、球団経営もうまくいかないってことですかね。

0 件のコメント: