2015年10月13日火曜日

穴子!玉ゐ 。


昨日はお買い物で日本橋の高島屋へ.
 
さらに奥さんたっての希望で、高島屋から歩いてすぐ近くの「穴子専門店」の「玉ゐ 」でお食事。
奥さん、ものすごく穴子が好きなんです。ここ玉井は星こそついてないけど、ミシュランガイドにも
掲載されたことがあるとか。テレビでも何回か紹介されているお店です。
うなぎのお店は数あれど「穴子専門」というお店はたしかに珍しい。
場所は日本橋高島屋のすぐ東側の一方通行の道路を、一方通行に逆らうように北側に歩いて行ったところ、右側にあります。(野村證券の方に向かって歩いて行くイメージですね。ってわからないか)
ここ数年で急速に再開発が進む日本橋のビルの谷間に、2階建ての昭和な建物。「ものすごく古い老舗か?」と思わせますが、実は店自体は平成もだいぶたってからの開店です(割に「新しい」お店なんです)。玉井さんという社長の飲食企業さんが経営するお店。たまたま古い建物を居抜きで使ってるんですな。でも、レトロちっくな雰囲気はなかなか良いもんです。例えば外人さんを連れてきたら喜ばれそうです。
 

穴子専門店、だけにいろんなあなご料理があります。これは穴子の串揚げ。
サクッとしてて不思議な食感です。

「変化球」ですね。海鮮サラダならぬ穴子サラダ。ええ?と思いますがこれ、うまいです。オススメ。

ご飯は穴子の箱飯(中)。うな重ならぬ穴重ですね。
中は二枚穴子が乗ってて、手前が「焼きアナゴ」、向こう側が煮穴子になっています。(指定すれば選べます。多分。)
お店の人によると、まずは何も付けずに。次は山椒をかけて。そして最後は・・・
(薬味と、空のお椀で想像つくと思いますが)

お出汁を貰って。

そう、名古屋のうなぎのひつまぶし宜しくお茶漬けにします。
 
美味しゅうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お店が狭いこともあって、なかなか混みます。
ランチタイムは結構並ぶようです。ディナータイムは開店前からちょっと並んですぐにお店に入るか、予約しておくのが無難ですね。
なかなか贅沢なお食事ですが、うなぎに比べればコストパフォーマンスは良いかと。
 
個人的には、穴子の天ぷらや煮穴子はそれぞれ天ぷら屋さんでもおすし屋でも食べれます。
でも焼きアナゴとかその他の一品料理はここならでは。
味も美味しいし、雰囲気が良いのでデートにも使えそう。
珍しさから言えば、外人を接待するにも使えそうです。ちょっと狭いのが
難点かな。(コレド室町と銀座にも支店あり。)

0 件のコメント: