2015年10月14日水曜日

歴史教科書で揉める

歴史教科書問題といえば日本の話しのように思います。

それでもって教科書に難癖つけてくるのは中国韓国と決まってます。あいつら暇だからw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、そんな韓国では
教科書問題がないのかと言えば、いま大揉め中です。なぜかといえば、朴槿恵政権、というかパク大統領の肝いりで「歴史教科書の国定化」を決定しようとしているからです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
軍事独裁政権だった韓国では、当然歴史教科書に表現の自由とかあったらまずいわけで、ずっと国定の教科書が使われてきました。
しかし、民主化が進んだ韓国では「独裁政権の名残」である歴史教科書の国定を廃止し、「検定制度」が取られてきた。この間、金大中政権や盧武鉉政権など。リベラルな政権が統治したこともあり、教科書によっては「北マンセー」な表現がゼロではない事態に。

パククネ大統領は(彼女は本気で北を統一できると考えている)北を併合する前に韓国の正当性を歴史教科書を通して教育する必要があると考えたわけ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日頃日本の教科書を「右傾化右傾化」と唱えて批判する勢力。作る会の教科書を認めた日本政府に対して検定の強化を求める勢力が今度は韓国政府に寄って言論を封じられる愚かさw

ブーメランですね。というか、おまエラの教科書に比べたら、日本のほうが半万倍まともだって
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまけ。
教科書の検定制度、国定制度はひょうげんの自由を侵すという主張がありますが、これは認められません。
なぜなら、教科書として出版できなくても、一般書籍としてはいくらでも流通できるわけで。その意味では自由が侵害されてない

国は一定レベルまでの教育について、質というかレベルを引き上げる義務があるんで、そのために小中高の教科書を検定し、あるいは「国定」しても憲法上は問題ないのかなと。

大学の授業について教科書を検定したり国定化するとなるとこれはちょっと話が違ってくるか。大学自治とか学問の自由の絡みで、違憲性が強まってくるんでしょうね。

0 件のコメント: