2015年10月31日土曜日

体操内村、6連覇で指六本立てる。(記者はアラフィフの競馬好きと予想)

体操選手の内村が個人総合で前人未到の6連覇。いやすごいですね。

気になったのがこの写真。
 
6連覇を誇らしげに指六本で表現しています。この写真のポーズ、多分写真記者がポーズをお願いして撮ったんだと推測します。そして、その記者は結構年がいってて、競馬にある程度詳しい人間ではないかと。(内村選手自身の発案だそうです)
 
新天地はなぜそんなことを思ったか??
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
過去、日本の競馬に「シンボリルドルフ」という馬がいました。「サイボーグ」とまで言われたその馬は1984年にJRA史上初めて無敗で「3冠」(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)を達成。その後G1レースを当時最多となる7勝。いまでも「日本の競馬史上最強」に上げる人がたくさんいます。(実際は競馬のレベルの年々上がっているのでいまの馬のほうが強いとは思いますが)
トウカイテイオーの父としても知られますね。皇帝、7冠馬とも言われます。「七冠馬」っていうお酒があるくらいで。。
 
 
後にシンボリルドルフの岡部騎手は「オグリキャップとどっちが強いか」と聞かれて迷うことなく「ルドルフが勝つ」と答えています。
 
どれくらい強かったのか?
 
岡部騎手を背に3冠最初のレース皐月賞をルドルフは制覇します。この時岡部騎手はルドルフにまたがり記念撮影に応じるのです。この時、普通の騎手は「指二本」でVサインを作って応じるでしょう。
 
岡部騎手は迷うことなく指を一本だけ高らかにつきあげたのです。
 
そう、「まずは一冠」岡部は最初から「皐月賞を勝つ」んではなく「三冠全部勝つ」そういうつもりでレースに臨んでいたんですね。
 
岡部はダービーでは指二本、そして菊花賞では指三本を掲げ「予告三冠」を達成したのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後G1レースを勝つごとに岡部は指を増やしました。5勝まで大丈夫。でも6勝目は?
 
おちゃめな岡部は
まずは指五本を掲げると、もう一方の手を手綱を握ったままチョコンと人差し指を上げて「6冠制覇」を表現してみせたのですw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このエピソードは競馬の世界では結構有名なお話。
 
武豊はディープインパクトで皐月賞を制した時に高らかに指を一本突き上げて見せました。もちろん、ルドルフと岡部騎手のエピソードを知っていて「この馬で三冠取る」としめして見せたのです。数々の馬で皐月賞を制した武豊をして「この馬なら三冠取れる」そういうパフォーマンスだったんですね
 
宣言通りディープは三冠達成したのは御存知の通り。
でもこれをやって、次走大負けしたりしたら相当恥ずかしい話ではありますよね。
 
予告ホームランならぬ予告三冠馬。
 
そんなお話でした。
 

0 件のコメント: