2015年10月22日木曜日

次のスマートフォンでは一つから2つに増えるもの。

iPhoneもソニーのエクスペリアも発売になった。けどやっぱり思ったよりは売れていないようだ。

実際、僕も6を持ってるけどいまだ6Sが買い換えてまで欲しいとは思えない。
みんなに十分な性能のスマホが行き渡ってきたということなんだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてそんなスマホも進化はやまない。

来年出てくる次期iPhone、エクスペリアはそれぞれある部品を複数つけてくることが噂されている。

それは「振動モーター」と「メインカメラ」

着信とかを伝える振動モーターはいまはどんなスマホにも付いているけど、モーターは一つ。モーターの先におもりがついていてこれが回転してブルブルする。

これを2つ組み合わせることでよりわかりやすく、そして不快な振動数を互いのモーターが打ち消し合わせることで「官能性の高い」振動を実現するとか。

そしてメインカメラは2つ搭載。カメラ・レンズを2つにすることで立体的な写真を撮ったり、ピントをあとから合わせられたり、あるいは背景を綺麗にぼかしたり、明暗差が激しいところで「飛ばない」写真が取れるようになるんではないかと予想されています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
モーターは日本電産か(コパルが完全子会社になったのが痛いw)カメラはCMOSまわりがソニー、手ぶれ補正がアルプス。

大穴で遮熱シートでカネカ?(ちょっと無理があるかw)

でもカネカ、炭素繊維の放熱シート、あれもっと売れるような気がする。

0 件のコメント: