2015年9月14日月曜日

三重のマラネロ?八千代工業、なんだが。。。

S660、新天地が今一番欲しい車の一つです。軽自動車規格でありながら、専用設計とした「贅沢」な車体を持つS660は「傑作」の名も得だしています。最大の特徴は「ミッドシップ」というエンジン搭載位置。乗員と後ろの車軸の間にエンジンを搭載するこの方法は、運動性能が高くなる一方で積載性ががくんと落ちます。レースカー(例えばF1やルマンの車)に採用されますが、乗用車ではフェラーリやランボルギーニ、マクラーレンなど特殊なスーパーカーが採用するエンジン搭載方法です。
一番安いグレードで198万円から。実際は乗り出しで250万円位かかるかな。
ミッドシップのせいで、二人しか乗れない、二人で乗ったら荷物載せるところ事実上ゼロの車。

ところが、人気なんです。

少量生産のため、いまは注文受付停止中。来月受注再開ですが、来月申し込んでも来年6月とかそれ以降の納車になる見込みとか。

もともと、トランクがないとか、二人しか乗れないスポーツカー。大量生産したところで数は売れない。なので大規模投資をして製造ラインを作るのが難しい。
そこでホンダは「ミッドシップ」車の生産に慣れていて、熟練度が高く「人海戦術」で行ける工場で車を作ることにしました。

どこで作るかというと「八千代工業」の四日市工場です。

もともと八千代はホンダの下で軽自動車を作っていました。しかし、ホンダは新しい工場(寄居工場)を完成。そこに鈴鹿でやっていた「マザー工場」の機能を移しました。最新式の工場で得たノウハウを海外に移転する役割も担います。

そして、鈴鹿工場の役割がなくなったので、今度は鈴鹿に軽自動車を作らせます。

八千代は鈴鹿に持ってかれなかった軽トラなどの組み立てしか残らなかった一方で、サンルーフなどの生産に力を入れることにしてたんですな。車を作る能力が「余った」状態でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、軽トラックって実は「ミッドシップ」な車。エンジンは運転手より後ろ、後軸より前に有ります。こういう車を組み立てるノウハウと機械があると。

最近では冗談半分に三重のマラネロ(マラネロはフェラーリの工場がある。ミッドシップの車を沢山作っている)と言われてるとか。

ミッドシップで少量生産のS660が八千代四日市工場で組み立てることになったのは必然でした。
それは一日20台が最大数の予定でした。車って発売開始当初はドカーンと売れますが数ヶ月経てば人気も落ちて生産量が少なくなるのが普通です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
予定外だったのはS660が発売前から自動車評論家の大絶賛を受けたこと。
エンジンこそパワーないですが、「痛快ハンドリングマシーン」と名付けられたハンドリングに魅せられて受注が集まったのです。いま、八千代はS660を1日28台に増産中ですが、これ以上は増やせないとのこと。

もちろん、ホンダから見たら雀の涙ほどの台数です。せいぜい年10000台。ミニバンなんか数万台の受注が集まりますから、それにくらべれば全然少ない。人気が続くのも3年として30000台ほど売れればいいか。(ビートも総生産台数30000とかだったはず)

しかしながら、八千代にとっては思わぬ「フル生産」状態が続くことに


新天地は以前ブログでたとえS660が売れたって、八千代工業の株は上がらないとかいたことが有ります。しかし、ここまでバックオーダーほど抱えるっていうんなら、流石に株上がらざるを得ない。



一台当たりの利益がいくらとして年に・・・・。おそらく軽トラ作るより相当利益率高いでしょう。ホンダの足元見てふっかけられるはずw
いま、八千代工業の予想PERが6倍切るくらい。このままS660の快走が続けば、流石に今の水準は割安感ある。
一年で終わらない可能性を株価は織り込んでない。

海外で買えないこの車、エンジンパワーと横幅を拡大してS1000として輸出するなんて話が出てきました。(もともとS660の外板は、FRP何かと交換して簡単に取り外しできる構造になっています。海外輸出を考えて横幅を簡単に拡大できるように)
それが人気するようならあと数年間S660系の生産が高水準で続きそう。
とすれば、八千代のこの利益水準、あと数年続くかも。

そしたら、いくら出来高少なくて上がり辛いこの株とはいえ、バカスカ人気化する可能性が。
あすの四季報とかに乗ってくる一株利益予想次第では一段高もあるかもね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただ、いかんせん小型品薄株すぎるw
株価は上がるかもしれんけど、どうやって株を買うか、上がったところでどうやってさばく???

買うのも難しいし、いざ売ろうとしても板がないw

う~んなのです
。。。

まあ参考までに。
出来高膨らんできて空中戦になったら楽しいかも。ちょっと去年の「妖怪相場」を思い出さなくもない。。。

3 件のコメント:

生涯一投資家 さんのコメント...

自動車の原価構造にあまり詳しくないのですが、
1台10万ぐらいの実入りがあると仮定しても、
年1万台フル生産で年間10億円の実入りになって、
利益水準を1割押し上げるのかなーとか思ったんですが、
どんなもんなんでしょうね??

新天地 さんのコメント...

ぼくはもうちょっと上を考えたんですけどどうなんでしょうね?

もっと上がって良いはずなんだけどなあ
」トラタヌ

生涯一投資家 さんのコメント...

20万以上あると、インパクト大きいですよね~^^
でも楽しみですね。