2015年9月25日金曜日

省略。

新天地は大学入試の時文系でした。

文系なのに英語からっきしダメwなので得点は国語と社会で補うしかありませんでした。

社会は「政治経済」という、新天地のためのw科目が有り、もしでは社会の偏差値はいつも70近かったけど、国語は変態的に勉強しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
難しい問題になるほど、理解不能な文章が増えてきます。

一々、説明しないで文章が続いていくけど、読み手はその省略したことを読み取って進んでいく。

ある意味では「その日本語おかしい」

けど、それを読みとることで「正しい」文字列になっていく。

新天地は以前
「コンシューマの不振を受けて、この分野で空前の利益を上げてきた~」


って文章を書いたことが有ります。

なんで「コンシューマが不振だったら、この分野では利益が上がる」んだよ。因果関係ないだろ、日本語おかしいだろというのはごもっとも。

書き手の僕としては
当然」のこととして

コンシューマ部門が不振なので、他に利益を上げる部門を探して、この分野に注力したところ利益が上がってきた、という事を書いているつもりで「わかるよな」と思っているわけです。

受けて、のあとの因果関係が省略されてるわけです。読みゃわかるよなと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
くだらないそんな話。

キチンと書くのが高度な文章なのか。省略するのが高度な文章なのか。
ふと思ったので書きなぐってみた。

0 件のコメント: