2015年9月16日水曜日

チョっと気になるマツダの話

ここ数年、見事に復活したマツダ。スカイアクティブを標榜し、鼓動デザインという統一イメージで作られた車は日本車離れしたかっこよさ。

今年はイメージリーダーであるロードスターを華々しくデビューさせ、更にはトヨタと協業でRX-9?(トヨタは次期86?)プロジェクトを行っているという噂もあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年発売した新型ロードスターはこれ又絶賛の嵐でした。不作の年ならばカー・オブ・ザ・イヤー取れた、の声さえ有ります。(今年はとにかく良い国産新型車が目白押し)



自動車評論家国沢山のブログに気になる話が載ってます。
ロードスターのダンパーの動きが悪いっていうんです。ものは変わってないけど、量産先行型(本格生産の前の試し生産かな)は抜群の動きだったのに、いざ本番の量産初期ロットでは動きが渋くて突き上げあると。さらにハンドル関係の制御ソフト(機械的にはダブルピニオン(ギア)という凝った作りの電動アシストです)にも問題あるんじゃないかと。

もちろん、初期ロットにはありがちな話かもしれません。部品は外から買ってきたやつ。
おれのせいじゃない、という言い訳もわかるけど、客はマツダのロードスターを買ったのであって、その部品メーカーを見て買ってるわけではない。マツダが責任を「おうべき」問題です。

ちょっとお粗末な話。きちんと相手方の品質管理していれば「防げた話」です。もう何百とか1000台超えで出荷してしまいました。

もちろん「動きが渋い」だけでリコールとかではありません

でも300万円もだして、「この車は良い」という評判やマツダを信じて買った人がたくさんいるわけです。その人たちは「こんなもんか」とがっかりするでしょうね

生産管理というイロハのイができなくてどうするよ。
絶好調マツダに陰りを見るんですね。

0 件のコメント: