2015年9月3日木曜日

韓国、8月の輸出15%減、の衝撃

韓国は輸出依存型経済です。

原材料を買ってきてそれを加工して輸出する。完全に外需に依存しています。

そんな韓国ですが、8月の輸出額が393億3000万ドルで前年同月対比14.7%の減少と暫定集計されたそうです。合わせて輸入額は昨年同期より18.3%減った349億8000万ドルを記録。輸入輸出ともに「衝撃的」な減少となりました。

これは「原油価格の下落」によることがまず原因。
韓国は石油化学の製品輸出が多いのですが、原油価格の低迷で製品価格も当然下落。
さらに相手先の中国の経済不振で「価格が下がっても数量が伸びない」というジレンマ。

さらに原油価格の下落は「造船部門」にも大きな暗い影を落としています。
げん湯価格の下落によって海洋開発部門、及び船舶輸出にブレーキがかかっています。
船の引き渡し延長オプションなどによって船舶輸出にも急ブレーキ。
造船韓国ですからこれも痛い。。

かろうじて「サムソンのギャラクシー」が気をはいてこれで何とか収まってますが、ギャラクシなければさらに悪化するとのみかたも・・。辛いところです。

はやく韓国経済潰れないかなあじゃなかッタ心配ですね。

0 件のコメント: