2015年8月9日日曜日

ショーワの進化、アイシンの進撃

最近、自動車関連株は変調気味です。マーケットは中国株の下落と言うよりもリセッションをある程度織り込む動きに出てますね。
自動車はすでにアジアが減速、中国がつらい中アメリカ頼りが顕著なだけに不安定さが増しては居ます。

新天地はそんな中で日本の部品メーカーの一角はヨーロッパのメーカーに負けているのか?と不安な目で見てました。

しかし最近反撃の動き?も見られます。

86,BRZ。
トヨタとスバルの共同開発のこの車。
ノーマルとは別にことしそれぞれの会社がチューンした車が発売されました。

ノーマルはショーワのダンパーを使っています。
しかし、チューンした車は、トヨタがザックス、スバルはビルシュタイン。
まだ、ショーワでは足りないと。

ところで、トヨタは限定発売モデル、イエローエディションにショーワのサスペンションを使った廉価版もだしてきているのですが、このショーワ、従来の物と違うショーワ提案の改良型だとか。おそらくノーマルには来年のマイナーチェンジで採用されるのでしょうう。
これの評判がすこぶる良いんです。まだ、ザックスの方が良いとは言うもののコストの差もあるし。早晩ショーワはヨーロッパに追いつく感じがありますね。

別で。
BMWはX1をフルモデルチェンジします。
エンジンを縦置きから横置きに変えた4WD。小型高級SUVとして最も成功しているこのモデル、いよいよ発売なのですが、注目すべきはトランスミッション。
BMWは伝統的にトランスミッションはZFから単独で供給されてきたんですが、なんと。
アイシンの最新8速ATを採用してきたんです。
もちろん、その裏にはトヨタとの友好関係があるのは明らかなんでしょうが。

そそてこの新型のトランスミッションは燃費に貢献していることはもちろん、ドライバビリティも絶賛の嵐。
ヨーロッパや中国市場でシェア拡大の気配を感じますね。

ーーーーー
部品会社は当分辛そう。
しかし、何年か先、個別間の格差はひらきそうです。アイシンはちょっと注目ですね。

0 件のコメント: