2015年8月21日金曜日

トヨタ(ドイツ)に見る「もうかってる会社はこういうノリだよな」

僕もよく見る(というか株のネタがゴロゴロおちてる)自動車評論家の国沢さんのページ

国沢さんはトヨタの燃料電池車、「ミライ」をじ前で買った上、それをラリー車に改造してしまったんです。メーカーに頼らず自力で・・・。かぶいているよなあ。


で、今度その車がWRC(ラリー世界選手権)の前走車に選ばれたんだとか。環境にうるさいドイツらしいですね。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いろんな面で自力(自腹ともいう)でドイツに渡ったあと、もちろんトヨタ(ドイツ)に協力を仰いだ様子がブログに出てきます。
ここでトヨタドイツ、全くのプライベーター、(しかもレース参加者ではなく、前走)の国沢さんに対してなかなか太っ腹に協力してる様子もブログに乗ってます。

三菱自動車の株主としては、「こういうノリ」がないことがMMCの最大の欠点というか欠陥なんだろうな、とつくづく思います。ただ、コストカットして車売ればいいんじゃないんだよね。こういうふうに「レース」に出ていく姿勢、プライベーターを応援する姿勢。

それが翻ってはブランドになってくんだろうなと。

さすがモリゾー社長になってからのトヨタはノリが違う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
逆に言えば、MMCがこういうノリを取り戻すとき。
バランスシートには乗らない話。投資家はそんなところは見てないかもしれません。


でも。僕が思うには(あくまで個人的感想です)今のMMCにとってはそういう「ノリ」だと思うんですよね。もしもそういうノリが聞こえてきたなら。

どんな「ストロングバイ」のレポよりもこころ強いと思います

0 件のコメント: