2015年8月6日木曜日

戦争に行きたくないのは身勝手

戦争に行きたくないのは身勝手、という発言。

其の裏には、俺らの命令に反して戦争に行きたくないというやつは要らない、お前らは俺らのいうことを聞いてればいいんだ、俺らは選ばれたエリート、お前らは俺らのために死ににいく道具。
軍隊がない国が発言できるわけ無いだろ、俺らが発現するためにお前らは死んでこい。

そういうことなんだよね。(それを責めはしない。ネット上には「国のために(笑)死ぬのは当然だろ」という人もいるんでそういう人に死んできてもらえばいい。
でも僕は誰がお前みたいなクソのために死ににいかなければならんのか、と思うけどw)

彼を選んだのは有権者だ。有権者はゆっくり考えよう。彼は辞める必要はない。選ばれたのだから。選んだ人間にすべて責任がある。

もちろん、担がれる神輿は、担いでくれる人間が文字通り命がけで担いでいることをいっときも忘れちゃならん。それを知ってたらあんなセリフは普通出てこないけどね。普通じゃないんだろう、彼の教育環境と仲間たちは。

2 件のコメント:

ラチェット さんのコメント...

最近、自民党議員の問題発言が目立ちますが(今まで報道に載らなかっただけかも?)、
党内にアベ降ろしの動きが出てきたのではないでしょうか。
その動きに乗せられれて(そそのかされて)、
不要な発言をしていると見えない事も無いです。
発言者は、一回二回生の使い捨てにしても惜しくはない?議員クラスですしね~

新天地 さんのコメント...

はい、相場と同じで、上がったままで入られないんと違うかなということでしょうね。

マスコミもこのまま放置しておけばいずれ自分たちも口を封じられると感じてきたんでしょう。


確かに、使い捨てクラスの議員さんたちの発言が目立ちますよね。
其の程度のことを喋ってしまうから使い捨てクラスなんでしょうけど・・・。

ただ、前も書いたけど、「神輿」を担いでいる人たちは「おらが先生」を必ずや
総理大臣に・・・(僕の祖父がそうでした)って思って担いでいるわけです。

担いでいる人たちに申し訳ないと思わないんですかねえ。
担がれる人はそれだけの覚悟をもって国会議員を目指してもらわんと担いでる人たちが
かわいそうだ。

安倍さんが「持たない」可能性は頭の片隅にいれておこうっと。