2015年8月17日月曜日

18/7000に入る。

競馬。
日本では毎年7000頭ほど競走馬が生まれる。そして、最高峰のレースと言われるダービーに出れる馬はその内の18頭だけ。これがいかに栄誉なことかよく分かる。すごい競争率を勝ち抜かねばならない。

そんな7000分の18の「確率」からは異常におかしな結果を出し続けている繁殖牝馬がいる。

「レーヴドスカー」だ。

フランスのG1を一勝。ジャパンカップにも出走(結果はテイエムオペラオーにちぎられた7着)

しかし。
繁殖牝馬になると・・・。

8頭の子供がデビューし、そのうちオスウマ4頭がダービーに出走。
牝馬一頭は「幻の牝馬三冠馬」とまで言われるレーヴディソール。(怪我で勝てなかったけど)

すごい確率なのだ。

そのオスカーさんの子供が今週出てきます。
レーヴァテイン。父は初めてディープインパクトに変わります。

とにかく注目を集めるおぼっちゃま。この名前覚えておいてくださいね。

0 件のコメント: