2015年7月6日月曜日

NOは何を意味するのか

ギリシャの国民投票という茶番は「緊縮策の継続はNO」という結果になるらしい(速報による)

これが何を意味するのかだが。。

ギリシャは必ずしも「ユーロが嫌だ」と言ってるわけではない。緊縮策が嫌だと言ってる。
しかしながら、外部から見ると「緊縮策にノー=ユーロ離脱」というシナリオを勝手に書いているフシが有る。おそらく、遠くない将来、ギリシャを追い出すんだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし、ユーロは永遠という幻想を抱いてきた人間からは、「ユーロって怖いな」という話にもなる。

所詮紙のお金ってのは単一国家権力の裏付けがあって存在してきた

共通通貨というのはこれを打ち破るものだが、これらがメリットであるためには巷間言われるように、資本などの移動が自由でなければいけないのだ

ギリシャで不況になったら、みんながドイツに行く。こうすればアンバランスはバランスが取れる。
しかし、ギリシャが不況になって大増税になっても、ギリシャ人が自由にEU域内を労働力として移動出来るわけではない、これでは問題あろう。


たとでギリシャが例えばアベノミクスをやろうとしてもできない。共通通貨だから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ギリシャのGDP自体はそれほど大きくないし、リーマンの時のように、社債が担保としてしじょうに流通してて大混乱を引き起こすことはない

しかしユーロという「実験」がうまくいっていないという現象こそマインスインパクトなのかもね

0 件のコメント: