2015年7月18日土曜日

ウイングの効果

この前、ネットを見てたら、スープラの巨大なウイングの話が出てた。

あるモータースポーツ出身のジャーナリストがスープラに乗った。


(ウイングは、純正なんです派手こいけど。)

もう一人のジャーナリストが、「スープラ、いい車だけど、このウイングは派手すぎて」

みたいなことをいうとそのモータースポーツ出身のジャーナリストは簡単に返した

「でも効いてるじゃん」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっとその記事を見つけられないのでうろ覚えでかく。

車は低速域では曲がりやすくしなければならない。フロントサスはある程度柔らかくし、曲がるという意味での運動性能を求めないと、「曲がらない」車になってしまいダメな車になってしまう。


しかし。低速域で曲がる車にしてしまうと、高速域では「安定性がかけてしまう」
ちょっとレーンチェンジするだけでリアが流れるようなセッティング。それでは危ない。

そこで巨大なウイングなのだ。ウイングは低速域では効力が弱いが、高速域ではリアを地面に強く押し付ける効果がある。押し付けて安定させるとともに、リアサスは沈み込めばキャンバーがつくようになっていて、左右に対する安定性が増す。



写真では少しわかりにくいけど、「ダブルウィッシュボーン」と呼ばれるサスペンションは、タイヤが上に上がる(沈み込む)とハの字がきつくなるようなセッティングになっています。

大きなウイングがついていると、ウイングが効いてくる高速域では、ウイングが車体を地面に押し付け、この「ハの字」が強くなる効果でリヤが安定するというわけです。あるいは沈み込んだ時にトーインといってタイヤが内側に無くようなセットにすれば更に安定するかもしれませんね。

そんなセッティングの狙いを乗っただけ、見ただけで理解し、唯の一言で「でも効いてるじゃん」で返したというわけ。一流のドライバーは運転が上手いだけでなく、どうすれば車を改善できるかわかると言います。
素人目には「なんでこんな派手な物を」としか思えないパーツ。
いやいや、単純に見栄えやハッタリだけで巨大なウイングをつけてるんじゃなくて、意味があるんですよ。効いてますよと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もう一人のジャーナリストは、モータースポーツ出身の人に言った

ちょっと乗っただけでそれだけのことがすべてわかるのがあなたの才能。しかし「でも効いてるじゃん」では一般の人には伝わらない。こと細かく説明してあげることでみんなに伝わる。
それがあなたの強みになる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アナリストとか、広い意味ではブログ書いてる人間も同じかもね。

そんなん当たり前じゃん、と思うことはたくさんあるけど、それが当たり前と知らない人に噛み砕いて伝えていく。そんなことを感じとさ。


ウイングって素人目には単にリアタイヤの荷重を増やすだけのように思うでしょ?
でも実はウイングを付けることで低速時に曲がりやすくするセッティングを可能にするという「逆の」効果もあるんです。


いや、そんなこと知っても人生になんの役にもたたないかもしれんけど。

2 件のコメント:

ラチェット さんのコメント...

伝えるのは難しいですよね。
自分の考え方や姿勢と、相手方のそれとの差はあって当然ですし、
同じ事象を見ても、感じ方は人それぞれです。

翻訳モノの経済関係の本を読むと、
同じ事を、言い方を変えて何度も繰り返します。
これも、人種の違いまで含めた対応なのだろうと考えます。
(まさか、紙幅埋め?w)

ところで、集団的自衛権をめぐって、国会近辺でデモしてますが、
手にした各種訴えが、
「NO WAR]とか、「PEACE]とか、
(目先的には)国内問題を、なぜにアルファベット?です。
彼らは、誰に向かって訴えているのでしょう?w

そうそう、スープラの羽ですけど、
も少し高くした方が効くのでは?
と思ってしまうのは、昭和のおぢさんだからでしょうかw

新天地 さんのコメント...

やっぱり、にっくき米帝に訴えかけているんじゃないんでしょうか?

古いか。。

高さはあれが限界のようにも思えますし。。

あんまりあんまり高いと、抜けた(空力が効かなくなった)時にとか
強度の問題とかデザインの問題とかでしょうか。