2015年7月29日水曜日

ルールを知っておくこと

大谷選手が「ボーンヘッド」

敬遠の四球のあと代走を送られてベンチに下がったのだが、この時「一塁を踏まずに」ベンチに下がってしまったのだ。

野球のルールでは「一塁を踏んだあと」でなければ代走を送ることはできない。

ベンチに戻ったあと、おそらくルールを知っている人間に「一塁踏んでこい」って言われたんやろうなあ、気まずそうに大谷はベンチから出てきて一塁を踏んだあと、代走と交代してまたベンチに戻ることに。この時既に相手ピッチャーはリリーフに交代しており、ピッチング練習を始めていた・・。(この間はボールデッドでプレーは中断しているのでアウトになったりはしないけど)

ルールブックはよく読んでおかないとね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新天地注
(ただし、規則5-10-cによれば、
>プレイングフィールドの外への本塁打、または死球の場合のように、一個またはそれ以上の安全進塁権が認められた場合、走者が不慮の事故のために、その安全進塁権を行使できなくなったときは、その場から控えプレーヤーに代走させることができる。

要するに、デッドボールで動けないとか、四球とかホームラン、エンタイトルツーベース打ったあと、何らかの怪我で動けない場合に限り、審判が認めれば動けなくなった場所から代走が認められる。代走はその場所から順番に進塁する。

余談20年位昔、中日の彦野選手が我が横浜の盛田から代打でサヨナラホームランを打ったものの一塁手前で右膝靭帯断裂の大怪我を負い、そのまま代走が送られてホームインしたことが有る。。。こういう場合は一塁を踏んでなくても代走オッケーなのね。

余談の余談だが、彦野選手はこの怪我が元でその後2年ほどまともに活躍できなくなった。この怪我がなければもっと活躍できた選手だったんだろうけどね。(彦野選手は打った瞬間はホームランではない可能性のため全力疾走してしまって怪我をしてしまった。ライナーで狭いナゴヤ球場最前列に飛び込むホームランだった)

余談の余談の余談。
さすが星野監督はルールを知ってて、冷静に代走を指名したとか。指名された選手はどうしたらいいんですか?と星の監督に聞いたところ「ベースを一周してくるだけや」と怒鳴られたという・・・。多分、「代走」ホームランはこれだけと違うかな。デッドボールとかでは当然一塁を踏まないで代走になるケースもままあるけどね。)


ルールは詳しく知っておかないとね、な話でした。

みんなも野球の監督になった時、ルールを知らないと困りますよ。
ならないか。役に立つ話だなあ。

0 件のコメント: