2015年7月10日金曜日

今更だけど

インバウンド関連はやっぱり外そう。中国関連だからね。

ヨーロッパ関連(例えば板ガラスとか)の選択が難しんだが。。110円台なら買っても良い気はするが、時間はかかると思うので其のへんが難しいか。

ソニー、ここに来て動き出した。ヤフーとくんだ不動産、どっか南米だったかアフリカだったかでIT会社買ってみたり。ちょこまかやってる。エクイティ・ファイナンスしたソニーにあんまりいい印象は無いけど、そんなこと言われながら何とか株価をあげたりさげたりしてきたのがソニー。

実はひどいひどい言われてるソニーだけど、プレステ売りだす前のソニー(平面ブラウン管出す前のソニー、銀行作る前のソニー)もこんなもんだったんだよね。そっから意外に何とかしてきた。そんなもんだよ。。

TOWAがそうだったように「裏付けのある株」はこういう暴落の中でも「強さ」を見せた。
今までの相場が何でも上がる相場だったとすれば、今度の乱高下の中では「銘柄を選別する」能力が問われる。要するにうまい人しか儲からなくなる。

銘柄を選び、しかも全体相場の呼吸に合わせて上手くタイミングを取らないと損だけが膨らむ。
昨日みたいに上下の幅がある相場というのはそういう相場。昨日みたいに大きく下がって大きく上がったのを見ると人は

「高いところを売って、安いところを買ったらすごい儲かるやん!」

とは思うが、其の逆を想像することは少ない。
常に逆を言ってしまう可能性を考えてリスクコントロールすべき。

儲かったお金を飛ばすのは簡単だが、飛ばしたお金を取り戻すのは簡単ではない。
資金が減れば、買えるポジションも減っていく。ジリ貧になりやすいのだ。とくにこういう荒れる相場は。防御第一なのだ。
------------------------------------------------------------
守りに入るべきは個人の場合ね。
自己屋さんなら、そんなことは言ってられない。大きく動く時に儲からない奴は「要らない」
プロなんだから。昨日みたいな相場で儲からないディーラーがいたら、それはやっぱり勉強が足りないんだろう。僕も自己なら勝負には出てた。勝てたかどうだかは自信ない。

0 件のコメント: