2015年7月19日日曜日

トレーラーを自家用車にしよう

トレーラーのヘッドを買いたいという話があったので。
トレーラーの「引っ張る方」。これは「(トレーラー)ヘッド」もしくは「トラクタ」(車検証にはトラクタと表記します)と呼ばれます。

引っ張られる方は一般的には「(セミ)トレーラー」です。台車とか言ったりもします。

特殊なのにはフルトレーラーとかポールトレーラーとか有るんですがそれはまた今度。

トレーラーヘッド、1000万円はしないかな、です。
定価があってないようなもので、値引きは100万円有るか無いかですが、この辺は継続して取引しているか一見さんかでも違うでしょう。

ただ、いきなり営業所に行ってもなかなか商談に入るのは難しいかもですね。

また、トラクタヘッドってふそうのホームページにも乗ってないくらいマイナーな商品です。さらに、トレーラーヘッドは「セミオーダーメイド」みたいなもの。
基本の形は有りますけど、引くものに寄ってあーしろこーしろが発生します。
(物によっては、完成したはいいけど、自分所の台車が引けねー、なんてことが発生しうるからです)
なので、発注してから何ヶ月もかかって完成します。ラインの順番待ちも有りますしね。

色は、100パーセントオーダー可能。好きなように塗ってくれるはずです。
あんまり複雑な模様とかは応談でしょうけど。
ーーーーーーーーーーーーー
昔の話ですが。

僕の務める会社は、義父が立ち上げたわけですが、最初はいろんなメーカーに話をしてもけんもほろろに断られたそうな。どこの会社かしらない運送屋に高いクルマは売れんというわけです。

その時に話に乗ってくれたのがふそうだったそう。それ以来うちはふそうをメインにしてる。40年間で数十台のトラックやトレーラーヘッドを買ってきたわけですから、その営業さんは大したもんだといえますよね。恩誼を取るのが義父のやり方。これは僕も見習わいと。


そういえば、なくなったリクルートの江副さんもそうだったと聞きます。
困ったときに助けてくれたひとには、後でその何倍にも恩を返したと聞きます。
ビジネスってそういう「恩義」が大事だと思うのです。
ーーーーーーーーーーーーーー
トラクタヘッドだけなら、大型免許だけで運転できます。
免許もって何年か立ってる人なら、ちょっと教習所通えば大型免許は取れます。

今はクラッチ不要のセミオートマチックなので運転もらくらく。
横幅が2,5メートル近くありますが、ヘッドだけなら全長は6メートルくらいかな。


全長が12mある15トン車よりは運転楽でしょうね。どこに駐車場確保するかという問題は残るけど
ーーーーーーーーーーーーーーー
さて、トラクタヘッドって実はすごい高性能です。
そりゃ、本体10トンとは別に、台車が6トンから13トンくらい、そこに最大30トンくらい荷物積んで走る設計。全装備で60トンくらいになるかも、でエンジンは設計されてます。



それをトラクタヘッドだけだと10トンくらい。

本気で走ったら、馬鹿みたいな加速力があるそうです。ディーゼルエンジンですから低速からトルクあるし。
ただ、単体での走行を考えた車じゃないです。コーナリングとか性能は求めてないし、いきなりスピンするかもしれません。スピード出しすぎにはきをつけて。
ーーーーーーーーーーー
おすすめの仕様はツーデフのエアサス仕様。板バネはただでさえ乗り心地悪いトレーラーヘッドをさらに乗り心地悪くします。

ヘッドにはシングル、とツーデフの二種類があります。
駆動軸がひとつの「シングル」
前タイヤと後ろタイヤの合計二軸四輪ですね。これがシングル
そんなに重いものをひかないでいいトレーラーはこのタイプ。安いしランニングコストも低い。
ただし、引っ張れる台車、そして荷物の重さにも制限が増えます。

ツーデフと言うのは、駆動軸が二軸ある、三軸6輪の車

重い物を運ぶにはツーデフが必要。坂を登ったりするにも当然有利。建設機械を運んだり、鉄を運ぶ車は必ずツーデフです。ツーデフのが高いし、当然燃費も悪いし、コストも掛かる。全長長いので小回りという面でも不利。
でも重いものを運ぶためには安全面とか何から考えてツーデフの車が必須なのです。

重量物輸送の僕の目からしたら、シングルのヘッドなんて、ヘッドじゃないや。
異論は認めませんw

なお、人と違うトレーラーヘッドが欲しい人は「ユニック」(クレーン。ユニックは古河機械金属の登録商標です)をつけるとかっこいいですね!


このユニックをトレーラーヘッドに付けるという「トレーラーユニック」。今では全国で見られる車。
実は日本における発案者は僕の義父です。(エヘン。自慢。僕は全く関与してないけど自慢w)

トラックにユニックがついているのは昔から有りましたが、トレーラーにユニックをつけるというアイデアは誰も無かった。ふそうの人を何度も呼んで、作ってみたのが日本で最初のトレーラーユニック。今ではそれなりに一般的なトレユニを最初に作った運送屋さんがうちなんだそうです。

問題はユニックをつけると盗難確率が格段に上がることかな。ユニックを売るために車ごと盗もうとするんです。。。

あと第五輪荷重が制限受けるので(分かる人にだけわかる話です)
ーーーーーーーーーーーーーー
燃費は何も引いてなかったら、軽油でリッター6キロくらいかなあ。
荷物積んでたら2キロ未満くらいだから、空なら6キロくらいかなあと。

修理車検は買った所に相談するのが一番。最近は購入から数年のメンテナンスが定額で受けられるプランもあります。

ーーーーーーーーーーーーーー
トランクはありません。でも座席の後ろは仮眠できるくらいのスペースあり。ここを収納にすれば二人で旅行行くくらいは使えます。

いかがですか?
トレーラーヘッドを愛車にする計画。

書いてて相当無理があるなとは思うのですけどね。


2 件のコメント:

ラチェット さんのコメント...

何から何までありがとうございます。

オバカなので、
その無理にホイホイと乗ってしまうんです。
まあビョーキは、財務相お墨付きですので、OKでしょう。

新天地 さんのコメント...

いえいえ、たまにはこう言うのも良いかと思いまして。

やっぱり最大の難点は乗り心地が悪いことですかねえ。
エアサス仕様はそれなりに改善されてるんですが、それでも乗用車から比べると
サスペンションついてねーんじゃないか?と思うかと。

横幅は広いですが、運転席が高く、運転しやすいという人もいます。

ただ、運転席が高く見晴らしが良い分、知らず知らずに車間距離が短くなるとも。
さらに死角が多いため、バック時の事故、発車時の事故、左折時の事故に注意が必要です。。

バック時は必ず誘導してもらうくらいの
配慮が必要になってくるかもですね。