2015年7月28日火曜日

エコカー戦略、今年後半から・・・

エコカーについて、再び動きが出そうです。。。

トヨタは、新型プリウスをフランクフルトモーターショーでワールドプレミア(世界発公開)とか。
東京モーターショーではなく、フランクフルトで初公開を行うのは、未だ普及が進んだとはいえないヨーロッパで(ヨーロッパはダウンサイジングターボやディーゼルが主力で、ハイブリリッドは日米程売れていない)ハイブリッドを売る=トヨタのシェアを上げるのを本気でやろうと言うこと。

今度のプリウスは「第三世代」的なモデルになるんでしょう。新開発の軽量高剛性、低重心のTNGAプラットフォーム(第一弾です)、リチウム電池の本格採用、新型のモーター制御半導体?エンジンも新開発です。衝突回避ブレーキも当然搭載してくるでしょう。
これで売れなきゃ、という背水の構えですね。

 
絵は想像図です。。。噂では、後席の居住性を良くするために、現行のプリウスほどは天井が後ろ下がりにはなっていない(現行モデルは空気抵抗削減=涙滴に近づけるために天井が後ろ下がりになっていて、後席は天井が低い感じがある)とも言われますが・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日産は電気自動車リーフの満充電走行距離の伸長に踏み切るか。
現在のリーフの「公称の航続距離(JC08モード)」は220キロ。ネットなどでの情報を総合するとまあ150キロ位は実際に満充電で走ることができるようだ。
 
これに対し、秋のマイナーチェンジで出てくるリーフは公称300キロを達成できるか?らしいです。そうなると実際の走行可能距離も200キロ内外をたっせいできるということになります。
 
ここまで走行距離が伸びるとなると、「あれ?プリウスなんかと比べて、ランニングコスト考えるとかなり割安じゃない?」という話が出てきますね。実際、そこまで走行距離が伸びるなら、我が家でも次期新天地車に考えてしまう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三菱はPHEVを次期RVRに搭載して販売へ。アウトランダーPHEVは好評なものの、市場はもう少し小型のRVにシフトしています。この「小型(プレミアム)RV」市場にどこまで食い込めるのか?これもヨーロッパでの販売拡大がどうなるかですね。
 
更にはこの前も書いたヒュンダイの(初の本格的)ハイブリッド。名前はまだ未定。これがどれだけ米国と
ヨーロッパで売れるのか?GMのボルトは反撃なるか?このへんに興味が移っていきます。

0 件のコメント: