2015年7月10日金曜日

日産ノート。正直これ以上何を望むか。。





日産ノートがマイナーチェンジ。あんまり話題になってないけど。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目玉は自動ブレーキの標準装備と「ツートンカラー」が選択できるようになったこと。

自動ブレーキはスバルのアイサイトには及ばないものの、ここ数年来軽自動車についてきたような時速30キロまでしか使えない簡易型とは一線を画す高性能のもの。まだトヨタとホンダ、マツダのライバルにはついていないレベルの高性能のもの。これだけでも一気に魅力アップ!!

本来ならこれでこの車が売上ナンバーワンになるような市場だと日本も安全になっていくだろうが・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ツートンカラー」屋根を塗り分けられるようにしたのは、ホンダなどの成功が大きいだろうね。(大元は「ミニ」なんだろうけど。
ホンダは最初鈴鹿の工場で「屋根だけ手塗り」で対応したそうだが、人気が出過ぎて「塗り分け専用」の機械を導入するほどだったそうな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日産ノートといえば「このクラスでは最大級の後席の広さ」が売り。クラス最長のホイールベースをいかして、後席は足が組めるゆったりした広さが有ります。我が家はこの広さもあって奥さんの愛車がノートです。

一方で義父をのせて高速道路を走ってたら、段差で突き上げ食らった義父が「これ。スポーツサスペンションか???」と苦情言うくらい乗り心地に問題抱えていました。広くしたぶん、サスペンション設計にしわ寄せ来たのと、燃費重視でサスを固くし、タイヤの空気圧上げすぎたんだろうなと。

が、くやしいことにマイナーチェンジしたノートはかなり乗り心地が良くなっているそうです。
車の補強?とダンパーの変更?したみたいね。
省エネタイヤ(とにかく硬い)の履きこなしもうまくなったのかな(あるいはタイヤも変わってる?)


安全装置追加とと乗り心地が良くなったノートなら、ほんと、これ以上なにが必要だろう?て思います。ブレッドアンドバターカー、ですね。そりゃ、革張り内装とか、ホテル言った時に多いばりできるとかそういうのは無いです。でも本来それ普段使いの車に必要ですかという話。必要な人は高級車買いましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
確かにハイブリッド車には燃費で負けますが、その代わり値段は安い。10万キロ走るくらいならノートのほうが安いかも。特にうちも使ってるスーパーチャージャー付きは高速のらない限り結構動力性能満足。高速でだってよっぽどのことがない限り十分以上のパワー有りです。120キロ越して加速したいというなら別ですけど。

あと、新車購入時のボディーコートはいいですね。買ってから2年立ちますが、やはりピカピカ感が違います。これだけでなんだか安っぽさが和らぐといいますか

値引きしだいですが、フィットやアクアを買う際には是非比較試乗を。この車、もっと評価(台数が売れて)されていいんじゃないかと。唯一最大の欠点である乗り心地の悪さがなくなったんだから。

もっとも、フィットもアクアもマイナーチェンジで乗り心地をかいぜんしてるみたいですけど。。
これをどう評価するかかな。

デザインのアクア(でも狭い)。なんでも積めるフィット。安くて後席広い、そして自動ブレーキでは他の2車の追随を全く許さなくなったノート。

僕なら、贔屓なしにノート一択です。はい。

0 件のコメント: