2015年7月11日土曜日

電気自動車の電池増量と、燃料電池車

噂だが、日産は来月中にも電気自動車リーフの電池を24kWhから30kWhにアップすると言われている。これが事実なら、いまのモデルで130km程度はフル充電航続距離が有ると言われるリーフは150から160kmくらいの一充電あたりの走行距離を得ることができる事になる。たかが二割かも知れないが、この二割によっていままでいけなかったところまで行けるようになるだろう。

日産は、リーフのフルモデルチェンジが予想されるリーフでは現在の1.5倍から2倍弱、実航続距離で300キロを超えるような性能を考えているようで、そこまで行くなら、「ファーストカー」として使う人も増えてくるんではないか??
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
問題は燃料電池との兼ね合いでしょうね。
あるいは小型車は電気自動車、大型車は燃料電池車と住み分けしていくのかもしれないけど。。


ただ、この争いは10数年前の「液晶」VS「プラズマ」の薄型テレビ戦争を思い出さないでもない。結局大型テレビでは有利と言われたプラズマも液晶の価格低下に負けた。

自動車ではどっちが勝つかわからんけどね。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
少なくとも「ブラウン管」である内燃機関が消えていくことに疑いは持っていないけど。

0 件のコメント: