2015年6月20日土曜日

上海の下げについて

一応、株のページですから、上海の6月第三週の下げについて論じないわけには行きますまい
チャート
 
過去10年の月足です。こうしてみると、今回までの上昇が、リーマンショックに至るまでの大きな上昇よりわずかに小さいだけの大相場であることが見て取れます。
そして月足で見ると今回の下げで毛抜き天井ですねえ。あんまりいい足じゃありません。
 
さらに週足でみてみましょうか
 

第三週の下げは、今回の上昇の中で現れた「最大の反落」チャーチストにとってはこの下げが相場の終わりである可能性を感じ下げる下げでした。
出来高が膨らんでいることも今回の下げが買いが一次引っ込んだ下げではなく、まとまったウリが出ていることを傍証しています。

結論から行くと、上海は下げる可能性が高いと思っています。問題はそれが日本の景気にどれだけ影響をあたえるか?かな。

どうしても上海売をやりたい人は、東証に上海ETFが上場してるんでそれを空売りするのも有りかもしれません

上海株式指数・上証50連動型上場投資信託 (1309)

ですね

0 件のコメント: