2015年6月15日月曜日

デザインには理由がある。

日産のFFマシン(GTRといいます)はルマン残念ながら惨敗。

機械的なグリップで不利になる(自動車は加速時に後輪に荷重がかかるので後輪駆動が有利。さらに後輪駆動でもミッドシップと行ってドライバー、エンジン、後輪がくる設計がレーシングカーでは有利とされてきました。

FF限定、とかのレースでない限り、FFのレーシングカーなんて誰も作らなかったのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし。日産のレースカーをデザインしたはエンジンをフロントに置き、前輪を駆動するデザインを考えてきました。
大きなエンジンや駆動系を持ってくることでリヤ部分を小さくする。それで車体デザインをよりティアドロップに近いような形状にし、空気抵抗の削減を図る。後輪を駆動しない分ウイングも小さくてすむ。

ルマンのように最高速が高く、なおかつ燃費が問われる耐久レースなら、これでレースカーとしてなりたつんじゃないかと 。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
残念ながら、目論見は半分正解、半分ハズレ。

高速域や高速コーナーでは空気抵抗の少なさを活かして十分に戦える。
しかし中低速コーナーではフロントのグリップが足りず負けまくり。ここで大きくタイムロスした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
グリップの不足は理由がある。やはり機械的グリップが前輪では得にくい。
ここは後輪をモーターで駆動することでカバーできそうな気がする。

また空力重視でサスペンションを固めてボディの上下動を抑えた結果、アンジュレーションが厳しい路面でタイヤが追従できずグリップが少なくなった面もサスペンションを煮詰めるなりすればもう少し解消できるかな。

などと妄想してしまう新天地でありました。

0 件のコメント: