2015年6月3日水曜日

モーリス、グラスワンダーを思い出す馬

安田記念、なんといってもモーリスです。

今年に入って完全に本格化してきたのですが、なんといってもラストスパートに入った時のフォームが素晴らしい。化け物とか超一流馬と言われる馬でしかできない、大きな、かつ回転の早いフォームでとんでもない加速をします。

一流と言われる馬と、超一流と言われる馬の違いは「フォーム」だと思います
見ただけでああこの馬とわかる独特な走り方をします。他の馬にはできない骨格や筋力によって支えられた限界に達するための走り方。この馬もそうですね。

とにかく「大きく見せる」ストライド。すごい馬だと思います。

初めて見た時グラスワンダーみたいな馬、と思ったのが第一印象。そしてあとから血統表をみて納得、この馬の祖父はグラスワンダーなんです。一代おいて遺伝子が引き継がれたか

グラスワンダーは1600mと2500の幅広い距離で融通の聞く馬、化け物でしたが、モーリスは完全に1600のスペシャリストのようです。

しかしながら、後方待機の後、繰り出す必殺の末脚はとにかくものすごい。
府中の1600でも一番強いと思います。

0 件のコメント: