2015年6月15日月曜日

秋天 逃げきり 取り逃がし

武豊はG1勝ちまくってる。今後も武の記録を塗り替えることは相当困難だろう。

そんな武でも「得意なレース」と不得手なレースってのがあって、朝日杯を勝って無いのは御存知の通り。

一方で桜花賞、ダービーは勝ちまくってて、更には天皇賞に強い時期もあって「盾男」の異名もあった。

特にステイヤーに恵まれたことや長距離レースは騎手の腕の左右されやすいことも有り、春の天皇賞を何度も制してきた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、秋の天皇賞では、苦い思いを二回している。メジロマックイーンでぶっちぎり一着入線しながら降着。サイレンススズカではグリグリ一番人気を快調に逃げながら、競走中止。

もう一回やり直しが効くなら、二レースとも武が勝つと思うのは僕だけじゃないはずだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でもって、武豊は若い頃は先行するイメージが合ったが(その後追い込みで勝利するイメージも強いが)、逃げ切りではG1を勝っていない。他のレースでは何度も逃げ切り勝ちを収めているので必ずしも逃げが不得手と言うわけでは無いはずだが。。。(とにかくサイレンススズカで勝てなかったからなあ)

エイシンヒカリ。の日曜のレースで念願の重賞初勝利。武豊を背に逃げ切りました。
このまま無事なら武を背に毎日王冠から秋の天皇賞へ・・・・

妄想が広がるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エイシンヒカリは今をときめく「ディープ✕ストームキャット」の組み合わせ。
このまま勝ち続けてほしいなあ。

0 件のコメント: