2015年6月1日月曜日

モーリス

ダービーも終わり、東京開催は来週の安田記念で一段落。
安田記念は意外に?難しいレースですが、今年はこの馬じゃないかという馬が一頭います。

「モーリス」です。
以前は別の厩舎にいたのですが、二冠を制して勢いにのる堀厩舎に転厩してからは三戦三勝。
厩舎、馬ともに当たらざる勢いを感じます。

母方の血統はすでに解散してしまった、メジロ牧場の古くからある血統で遡ればオークス2着の名牝メジロボサツ、祖母はAJCCなど牡馬に混じって重賞4勝のメジロモントレー。近親にはメジロドーベルもいる血統です。古い血統ですが一本筋が通った血統と言えましょうか。
父はスクリーンヒーロー。スクリーンヒーローはその父グラスワンダー、そして母系は問答無用、名牝ダイナアクトレスで最近種牡馬として活躍が目につく血統です。(G1勝ちはジャパンカップだけですが、この時負かしたのがディープスカイ、ウォッカ、マツリダゴッホ、メイショウサムソン等ですから)

更にいうと、昨日書いたノーザンダンサーの多重クロスを狙った配合になっています。


血統はまあいいんですけど、ここに来て連勝中。そして前走のダービー卿チャレンジカップのレースが「鳥肌が立つ」という言葉がふさわしいレースでした。

最後、先頭に立ってからも全く加速を緩めず。まさに周りの馬が止まって見えます。
スゴイスゴイスゴイ。ラスト1ハロンは10秒9。並みの馬には繰り出せない爆発力を見せつけました。
祖父のグラスワンダーのような競馬をしますね。

一番人気にはなると思いますが、是非この名前を覚えておいてください。
もしかすると「世界を取れる」馬かもしれません。

0 件のコメント: