2015年6月1日月曜日

何十年にも渡るレンジを抜けるとき

ギャンはレンジを抜ければ買い、こんなふうにかんがえています 。

さらに何年、何十年も続いたレンジを抜けて行く時、それは時として歴史的な高値をつけると。

まあなかなかそんな株はないんですが、僕はそれこそ株を始めてから30年おお化けを確信している会社が有ります。何十年の間続いたレンジを今度こそ抜けていかないか。

東レ3402です。
過去30年の月足
k過去30年、300円位から1000円のレンジで売買されています。
今回3度めの100円超え。元論ここで「トリプルトップ」で下げるのかもしれません
急激に上げたのも確かです。PER20倍、このまま止まれば割高です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし。
このブログをはじめる前から言い続けてるけど、ここは「炭素繊維」では世界一。

ツール・ド・フランスを走っている自転車、プロチームが使う自転車は100%東レの炭素繊維から
作られています。何故か?性能がいいからです。軽くて強くて粘りがある。

飛行機で採用が増えていくのはもちろん、間違いなく車でも採用が増えていきます。
カーボンが鉄に変わる、それは21世紀の産業革命と信じています。

近いうちに押し目があったら。
買ってみたいですね。
そしてここから上場来高値を取っていくなら。
ストロングバイ。

ここで負けたら仕方ない。そういう会社です。
5000円か10000円かはわからないけれど。

0 件のコメント: