2015年6月23日火曜日

25年逃げたけど。。。7日で逮捕。天網恢恢疎にして漏らさず

韓国で殺人を犯した犯人が、日韓捜査協力で逮捕されて話題になってます。

逮捕されたのは韓国人の55歳の男性。(匿名報道です)
男性は25年前、自動車を盗難。それを別の人間に販売したのですが、買った人間が「代金」を払わず。腹を立てた男性は、殺傷力の有る空気銃をつかって盗難車を買った人間を殺害。偽造パスポートで海外に出国したのです。

韓国では殺人の時効は15年(ちょっと短いように思いますね)。しかし日本と同じように、犯人が海外に出た場合は時効の進行が中断します。このため、韓国警察は改めてこの事件の捜査を開始。
犯人の顔写真や指紋、その他の情報などをまとめてインターポール経由で日本の警察に捜査協力を求めました。これが昨年11月

情報を受け、逃亡先とみられた埼玉県警は3月に捜査チームを結成。
するとなんと、チームを建ててからわずか7日間で男を発見し不法滞在で逮捕してしまったのです。
埼玉県警のファインプレーでした。

男は不法滞在で執行猶予付き判決。このまま韓国への強制送還を待つ身に。当然、機中で韓国側に引き渡されることになるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
25年間、なんの捜査もなかったから安心したのか??犯人は何を思うんでしょうね。

日本にもこういう「コールドケース」は有るはず。
「疎にして漏らさず」、そんな社会正義の有る社会になってほしいものです。

0 件のコメント: