2015年5月14日木曜日

ホンダの乗り心地が変わる?????

ホンダのS660の売れ行きが良い

もちろん少量生産だからということだが、今や7ヶ月待ち。みんな試乗しないでオーダーしてる状態。


そのS660、「乗り心地がいい」というのが評判。
普通この手の小さな車はサスペンション設計が難しいし、運動性能を考えるとサスペンションを固く、車高を下げて、サスペンション可動域を小さくしないといけない。結果乗り心地は固く、ゴツゴツする。
じっさい、ダイハツのコペンは「ころすきか」なんて話があるくらいで。。。

ところがホンダの技術陣はシャーシ設計サスペンション設計に手を入れて、あえて柔らかくロールさせることで乗り心地と性能の両立を成功させた。簡単に言うけどこれすごいことなんである。だから売れてるんだろうが。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホンダといえばスポーティな車の一方で、乗り心地が悪い。オデッセイも初期型は相当苦情が出たようだ。

ところがオデッセイはマイナーチェンジで乗り心地向上。かなり良くなったとか。
フィットもしかり。いろいろ改良してきているようだ。

さらに。
今度出たステップワゴンも乗り心地の評判がかなり良い。クラストップなんて話もすでに出てる。

新天地が思うに、自動ブレーキと乗り心地が今後のしょうはいの決め手になると思う。
さて他の会社はどう出るか。燃費だけの時代はもう終わり。

0 件のコメント: