2015年5月28日木曜日

韓国セヌリ党代表、ペットボトルを投げられて株をあげる。

新天地の奥様に、中国系のお友だちがいます。

「ユ」さんというのですが、感じは劉と書きます。

奥さんはいつも僕に聞くのです。劉って漢字、携帯でどうやって出せばいいの?(5回位聞かれた)。それはね、「りゅうび」って押して劉備を出して備を消せば早いと思うよ。

奥さんは最初は「劉備」ってなにと聞こうとしましたが、僕が三国志を説明し始めると「長くなるなら良い」といってどっか行ってしまいましたw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三国志演義(あくまで読み物です。本当の歴史、正史とは違って脚色されています)に出てくる劉備は、「三顧の礼」で知られるように自ら頭を下げて部下を求め、関羽や張飛と義兄弟の契りを結んだように部下に慕われる人間でした。彼個人の能力は、最大のライバル、曹操に劣ったかもしれませんが、優れた幕僚のお陰で国を持たない流浪の大将から身を起こし、中国を三分して蜀の皇帝を名乗るまでになたのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、話はゴロッと変わります。

現在、韓国の保守系の与党、セヌリ党の代表を務めるのが金武星代表。かれが次期大統領候補としてぐんぐん知名度、人気度をあげています。


大きなきっかけは先日、盧武鉉元大統領(自殺)の死後6周年の年忌に、与党代表として初めて出席し、盧武鉉氏の息子から罵詈雑言を浴びせられ、支持者からは水入りのペットボトルを投げつけられたこと。


盧武鉉大統領の遺族にとっては、現与党が政治的に盧武鉉大統領親族の汚職関係の調査をしたことが自殺の原因になったと考えていることや、現職だった時の激しい攻撃を記憶しており、キム代表は敵だというわけです。
(金代表自身、盧武鉉大統領が現職だった時の弾劾裁判で大統領を引きずりおろそうとした一人です)

一方で。
金代表はこれに遡る2月に盧武鉉大統領の墓を訪れて大統領の功績を称え、素晴らしい人生であったと芳名録に記していました。
さらに水をかけられた後も、「盧武鉉大統領の功績は評価されるべきだ」と盧武鉉大統領を好評化する発言。

世論は、「旧敵と和解しようとする懐の深い金代表」 それなのにはるばる遠くから来た弔問客に水を投げる親盧武鉉派、というふうな評価。

結果としてキム代表の「株」は急上昇。「次の大統領候補」として一気に名前を得る結果になりました。

(新天地追記 朝鮮日報によれば、もともと1988年当時、民主化のお陰で新人の国会議員になったばかりの盧武鉉は当時キム代表が幹部を務めていた旧民主党(金泳三の党だった)に所属。この時金泳三に抜擢を進言したのがキム代表だったとか。これをきっかけに盧武鉉は政治家として全国に名前が売れたわけ(すでに人権は弁護士としては名前が知られていた)でその意味ではキム代表は、盧武鉉氏の「恩人」。しかし盧武鉉が新しい千年民主党から大統領になったのに対し、キム代表は保守系のハンナラ党(現セヌリ党)に転じて出世。保守と左派に袂をわかったことで不倶戴天の敵味方に分かれてしまったというわけです)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このキム代表を評して「現代の劉備」とする声が出ています。腰が低く人材を求め先を考えて行動する。今回のように「わざわざ水を頭に出た」のももしかすると深謀遠慮の末の行動かも?と思わせる深さがこの人には有ります。いままで強固な地盤を持たず、ナンバー2に甘んじてきましたが、ついに立つ日が近いのかもしれません。

今の大統領みたいに、自分自身の頭はいいかもしれないけど、部下はイエスマンばかりでまともに政権運営できない人間よりも、時を待って雌伏し、いつの間にか党代表まで上り詰めながら黒子に徹してきたキム代表みたいな人のほうが「手強い」かもしれませんね。

もともと保守系の重鎮、イ・フェチャンなどからも評価が高かったキム代表。
この名前を2年ほど後に聞くことになりそうです。

0 件のコメント: