2015年5月28日木曜日

トライアングル上抜けるか。大阪チタニウム5726の場合

新天地はギャン信者です。ギャンのテクニックは複雑かつ応用範囲が広いのですが、単なる自己マンというか、一生懸命検討しても、じつは実践のカンのほうが役に立ったり、あんまり実用的ではないところも有ります。

こうなったら、あげる、とかいう判断はできるのですが、「上か下か」と聞かれるとギャンのテクニックでは「分からない」。ということも多いんです

基本支持線と抵抗線の組み合わせだから、ここを超えてきたら上、とかいう感覚はあるけど、じゃあそこを超えるか超えないか判断しろと言われると「さあ」としか言いようが無いことも
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前置き長くなった

ギャンにこだわらなくても、「こういうチャートの時は上」と言いやすいチャートパターンもあります。

新天地が最もすきなパターンはトライアングルとか言われるパターン。
上値は同じ値段で抑えられるけど、下値は切り上がる形で「三角形」を形成。
三角形の頂点近くで上値を抜いてくると一気に値段が上がる。

そんな「夢の様な」パターン。これを知っているだけで勝率は大きく変わります。
極端な話、このパターンだけを追い続ければ勝てると思います。
このパターンが見つからない間は相場貼らなきゃ良い(^^)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どんなパターン化というとこんなパターン
上値は一定の値段で抑えられる一方、下値は切り上がる。なぜなら、下がってきたら買おうという向きがいるために下がる前に買われてしまうから。一定の値段で売られるもそのウリが切れてしまうと、需給は閉まっているために一気に値段が上に向かう。そんな「必勝パターンです」
 
チャート覚えましたね。忘れちゃダメですよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さてその後にこのチャートを見てみましょうか
しつこい言うなw5726の大阪チタニウムです。
(クリックで拡大。週足)
1500円ぐらいから3000直前まで一気に上がった後、2000まで下落しかし下値を切り上げながら再度3000に挑戦、今日は一時3030まで行きました。
 
きれいなトライアングル完成に見えます。ここを抜いてきたのでうまくいけば1000円規模の更なる上昇があるかも。バブルの今なら、15000円の相場だって(トラタヌ)
 
このチャートに知識だけでもやっぱり数百万の価値があると思います。
囲いになりたい方、新天地にお金を送ってください。
25マンあれば。。。いやいやw

0 件のコメント: