2015年5月12日火曜日

三井金属(5706)

三井金属、子供の頃からついている銘柄。

むか~しバブルの頃、うちの母親が電話で注文した。

「三菱金属、寄り付きで買っといて」

営業マンから電話かかってきたのはその日のよる

間違って三井金属買ってしまいましたー

大馬鹿な話だが、落ちがあった。でも間違って買ったら、ストップ高してしまいましたー。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
不問に処された。。。その営業マン、結局すぐやめちゃったけどね。

さて三井金属チャート
昨日、急騰してるんで買いにくいんだが、長期の足で見るとリーマン・ショックで低迷していた安いところでのレンジを上に抜きかかっているようにも見える。

(新天地注。今季の一株利益、四季報が34円予想のところ、40円の会社予想で急騰)

三井金といえば昔は、文字通り「金」の会社だったが、非レアメタルや、電子材料に活躍の場を広げ常に業態を変えていくいい意味でのカメレオンのような会社。足元、銅の評価損とか鉱山の稼働遅れとかネガ満載に見える会社だが、ここに来て、自動車関連が急伸するか。これだけ満身創痍なのに数字が上向いてくるとなると、うまく行きだしたら?という思いになる。

自動車関連部品はやっぱり「金の卵をうむ」ね。崩れたら怖いけどさ・・・。
安全ブレーキ果ては自動運転が急速に普及する過程でこの手の部品メーカーの利益はもっと伸びるような気がする。やっぱり自動車本体より、ハーネスからセンサーを手がける自動車部品、しかもみんながあんまりマークしてない銘柄にまだ旨味があると。

上がりだしたら「持ってないと怒られる」会社だけに、ここで新高値更新が続くようだと飛び乗る価値ありだと思います。

もちろん、押し目があったら気楽に買えるかな。

0 件のコメント: