2015年4月13日月曜日

日程残滓、別件逮捕

韓国の法律用語も日本の言葉をそのまま使っていることが多い。これはどうしても占領下の法制を引き継いだ韓国の成り立ち上仕方がない部分もある。

日本の法制度や運用で、世界的に批判を浴びるようなものも「残滓」として残っている面がある。


今回の疑獄事件、被疑者になるであろう人間の自殺という後味の悪い経過をたどっている。
どうやらm自殺の主因が「別件操作」で前会長の息子の支出まで横領の疑いで検察が捜査に乗り出したことがあるようなのだ。

粉飾決算などの本丸がむつかしいと踏んだ検察側は前会長の家族に絡んでまで容疑を拡大して捜査を行おうとしたと。これを心苦しく思った前会長が「抗議」の自殺。そして自分を追い込んだ与党側の人間に対しても最後っ屁で不正献金の証拠を残して自殺したと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国国内でもこの検察のやり方は「別件操作(逮捕)」じゃないか?という批判の声がある。

そしてもちろん「別件」というのは日帝残滓であるからして改めるべきだとw
別件捜査、別件逮捕、韓国でも通じますw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、韓国であれ、日本であれ、違法のそしりを逃れえない別件捜査を行うべきではない。

しかし「日本のせい」にされてもなあ・・・。


おまけ、青瓦台は大統領側近の捜査についてもGOサインを出した模様。
大統領としてはたとえ返り血を浴びても、馬謖を切る決断をしたとみられる。

吉と出るか凶とでるか。

-----------------------
------------------------
おまけ
別件逮捕については日本のほうがひどいんだけどね

この前の韓国の施設放火犯。
日本の警察はいきなり放火ではなく、建造物侵入の「別件」で逮捕した。
これが韓国側には不満だったらしく、なぜ最初から放火で逮捕しないのかと。
韓国側からすれば「別件」で逮捕勾留して、勾留期限が切れたら再逮捕っていう日本型のやり方は違和感あるんだろうね。

ちょっと考えてしまう話ではあります。

0 件のコメント: