2015年4月23日木曜日

バンドン演説の意味と、韓国の焦り、いらだち。

バンドン70周年記念首脳会議開催。

まず理解できないのは、韓国の朴大統領がこの場に出席しなかったこと。これには韓国国内にも避難する声が強い。阿部首相が国会を放っておいてまで出席し、日中首脳会談を行った(行うことに日中共に意味がある)のとは対照的。これはなんでかほんとうにわからん。

もちろん日中以外では外相クラスの出席が多かったわけだが、日中の首脳が基調演説を行ったのに韓国がいないというのでは「アジア軽視」と受け取られてもしょうがなかったろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
安部首相の演説は「戦争したことへの反省」はあるが「謝罪はない」。加えて「大戦への反省」はしたが「植民地支配への反省」は落としたことも注目される。つまり、韓国に関しては1%も言及しなかったとも取れる。

ここからは個人的な感想だが、安部首相の今回の発言の意味は「今後出てくる未来の首相に、謝罪をしなくてもいい土台作り」だと思う。たぶん阿部さんなりに、将来の政治家には過去の戦争という負い目を足かせを与えないような環境づくり、過去とのフェードアウトを狙ってるんだろう。実際それはうまく行きつつある。韓国をのぞいては。

韓国は早速「謝罪がないこと」への遺憾を打ち出した。しかし悲しいことにそれは韓国だけ。
戦争の被害国が文句を付けないのに戦争被害国でない韓国だけが遺憾を発表したことに、冷ややかな目線が注がれた形。アジアが韓国から孤立していることを浮き彫りにしたw。
韓国政府内には焦りや苛立ちがあるのではないか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そもそも、謝罪はしない、とかいう発言をしたなら、それを避難することは理にかなう。しかし、謝罪しなかったことをいちいち文句つけるなら、24時間謝罪し続けなければいけないことになる。(だから他のアジアの国も何も言わない、言えない)。韓国だけは違うようだが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国は自分の「圧力」では日本が動かないと見て、中国と組んだりアメリカに圧力をかけてもらう戦略をとった。これはまちがいではないかもしれん。

しかし、日中首脳会談が行われ、アメリカで議会演説する状態では「他力本願」は通用しない感じ。韓国は戦略は正しかったが、韓国自体に人望がない、という致命的欠点を忘れていたんだな・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今のところは安部総理の勝ち。ただし日韓関係の争いを見るだけなら不毛な戦いではあるな。

0 件のコメント: