2015年4月18日土曜日

はやる?ブラインドスポットモニター

スバルのレヴォーグがマイナーモデルチェンジ
スバルは毎年マイナーチェンジをする欧州的なyイヤーモデル制をとるが、今回のレヴォーグの場合は、もともと国内専用モデル(時速約120キロ程度までを考えれば良い)だったものを急遽ヨーロッパに投入することになり、高速での安定性や遮音性対策が必要になり、ダンパーの変更と遮音材の追加を行ってきた。

さらに新天地が注目するのはスバルの国内モデルとしては初めてブラインドスポットモニター搭載を行ってきたこと。

ブラインドスポットモニターとは、斜め後方に車がいるときに警告してくれるもの。
車は斜め後方が死角になっていることがあり、車線変更での事故につながる。これをセンサーで警告して事故をふせごうというもに。
さらに駐車場からバックで道に出るときに自転車や人や車の接近を警告する機能もある。

新型ロードスターなどもさいようするうごきがある。ボルボなども使ってる。

さて関連銘柄が。。。。。

このシステムも自動運転に欠かせないデバイスの一つ。
市場は大きく寡占された商品であるところに注目。

0 件のコメント: