2015年4月4日土曜日

100回謝ったっていいだろうの考えと、俺がやったんじゃないよの考え。

ホントかどうかどうか良くわからんけど、産経新聞が報道したところによれば、韓国外務省の中の人が(いわゆる「韓国に謝り疲れた」という日本の風潮に対して、「日本は加害者だから100回謝ったって・・・何回謝罪しようが関係ない」という発言をしたそうな。

結局、日本が韓国を嫌うのはここなんだよね。

いわゆる左派系の人は「謝ったら許してくれる」「韓国も経済発展したら余裕が出て仲良くなれる」

ってな考えで謝罪も行い経済協力もしてきた。


けっか韓国は豊かになったけど、彼らの頭のなかは「いまは韓国も日本と肩を並べる先進国。今こそにっくき日本に頭を避けさせよう(そして溜飲を下げよう)。っていう感じですかね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
100回謝っても関係ない、というなら、謝ろうが謝らまいが関係なくね???

謝らないほうがいいよね(^^♪って思うのは僕だけだろうか。

もっともっとこういうセリフを吐いて、世界を韓国から孤立させてくれると嬉しいんだけど

0 件のコメント: