2015年3月30日月曜日

八千代が買いかというと、そうでもないんだろう。。。

しつこいですけど、ホンダからS660(エスロクロクマルとよみます)が発売予定。

軽自動車だけど、200万円超えの価格、ほとんどトランクがないという実用性の低さ、軽自動車なので64馬力しか無いという不満。一方で絶賛のシャーシーの出来、高性能なのに乗り心地抜群、デザイン性の高さ、各部分の質感の良さでマニアック人気を集めているようです。
「軽規格のスーパーカー」という褒め言葉まで。また、ターボエンジンは100馬力くらいまで改造できる余地があるとかないとか。そうなると楽しいのは楽しいでしょうね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生産はホンダの協力会社八千代工業で手作りに近いとか。一日40台位しか作れないみたいですね、フル生産で。八千代工業からしたら、フル生産なのはありがたいんだけど、ものすごく貢献するかというと微妙なところ。そしてこの手の車は「行き渡ったら」ぱたっと売れ行きが落ちる可能性がある。初代NSXとかもそうでした。その後どうやってラインを維持するかとか難しい。

八千代を買うのはちょと難しいかな。

0 件のコメント: