2013年11月2日土曜日

生まれながらに公務員

さて、新天地は法学部出身です。昔、法曹を目指したことも有りましたし、いまも一応行政書士です。憲法については自分なりに思うことが有ります。

現在、日本に置いて天皇制が存立するのはまさに日本国憲法に置ける規定によってであります。もちろん、天皇制の深い信奉者の方においては「万世一系の血」という神秘的なものにしんぷくする人もいるでしょうし、それを否定する発言をすれば相当なバッシングが来る可能性がることも理解しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
でも。もしも憲法が改正されて天皇制が否定される事態になれば、法治国家である日本としては天皇制はなくなります。法によってのみ存在が担保されているからです。

なので。。

失礼ながら「天皇陛下にたいして恐れ多い」という発言を見るに

????と思ってしまったりします。もちろん目上、位が上の人ですから失礼は合ってはならぬことですが、天皇陛下は神ではないと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
非国民だ!という発言を聞くに、国って誰のもんだよ?お前のものか?って思ったりもします。日本から出てけ、ッて言われると、なんでお前がそれを決めるんだとw

もちろん、手紙を渡した人はちょっと考えられないですけどね・・・。

国会議員なら、天皇陛下に政治的権力はなく、まあ政治的利用をしてもいけないことは明らかな話。これがOKならば日本中から直訴OKということになる。収集がつかなくなる。それを憲法の担い手である国会議員が知らないとは。もうアホかと。まさに子供のやり口です。

0 件のコメント: