2013年11月11日月曜日

デスブログ、デスゴール

このブログでも何度か取り上げたけど東原さんのブログ「ひがしはらですがなにか」。

このひがしはら「です」がなにか。というですに引っ掛けてデスブログとも言われる。


ひがしはらさんは一時競馬の予想コーナーを持っていたのだが、たとえグリグリの一番人気を押してもその馬が負ける、ということから騎手から冗談交じりで本命にしないで、と言われだしたことから始まり、更にはそのブログで登場したものに不振や不幸が襲うということで話題になった。もちろんこじつけが多いのも確かだが。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やっくんの件、死亡した日まで予言していた?となると確かに背中がぞぞぞとならないではない。

まあこじつけではあるんだが・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、ジュビロ磐田の前田選手のデスゴール伝説。2007年から始まったこの伝説。前田選手がリーグ戦でその年の初ゴールを決めた相手は必ず二部に転落するという伝説。これも偶然だろうと言われていたが、「優勝候補」だったガンバ大阪(遠藤選手など日本代表を複数抱えていた)がその餌食になるともはや偶然では説明できない物がありました。

6年続いたこの伝説も今年で終止符。今年、前田選手が初ゴールした相手は浦和でした(初ゴールが決まった瞬間、球場にはなんとも言えない沈黙が流れたのを覚えていますw)。しかし浦和は優勝争いの真っ最中。デスゴールの効果はついえたようです。。。

ところで、映画版デスノートの作中では、デスノートを使った人間はそのかわりに天国にも地獄にもいけなくなる、という設定がありました(この辺、漫画とは微妙に解釈が違う)

一方サッカーの世界でデスゴールを放ち続けたジュビロ磐田ですが、このデスゴールがついえた今年、自らが二部降格という地獄にハマり込んでしまいました。不思議なめぐり合わせでは有りますね。

0 件のコメント: