2013年10月11日金曜日

時代は乗り心地、を目指さないのかねえ???

新天地の家では、日産のノートを導入しました。フィット待ちにしてもと思ったのですが古い車の車検切れ問題とかも有りまして。ノートを導入したのは、外見のデザインを奥さんがわりかし気に入ったこと。燃費がいいこと。(我が家のノートは我が家の使い方で19キロリッターは走ります。ディアマンテが6.5キロくらいでしたから3倍ちかく走るんデスなw)。そして後席が広いこと。とにかく、後席の広さは「いいね」です。。

一方で。これは購入してから思うのですが「乗り心地が悪い」。おそらく高燃費実現のために装着している「エコタイア」(すごく空気圧も高い)のせいと、おそらくコストのしわ寄せでサスペンション(とくにダンパーとスプリングでしょう)に手が回らなかったかな。と。

もしもこれが改善されるなら、もう高級車なんていらないよ。そういう仕上がりなんですけどねえ。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
VWのゴルフは素晴らしい乗り心地と聞きます。またレクサスのISの一部車種に使われている電子制御サスペンションもおっと驚く良さだとか。小さな車でもそういう乗り心地の良さを実現してくれないものか?
世の中にはこれみよがしに「高級車を乗れない」という事情がある人もいます。でもそういう人が「高性能の車に乗ってはいけない」理由は無いでしょう?
国産車メーカー、あるいは部品メーカーには志をもっと高く持って欲しいですね。。。

自分の車なら、タイヤ交換とサスペンション交換を考えるところですが・・・。

カヤバとか?早く本気出せよと。

新天地、理想は奥さんと二人でどこまでもどこまでも行ける車。楽に運転できて疲れなくて何時間でも乗っていられる車。そんな車が一台ほしい。静かで気が向けばクラシックを思う存分鳴らせるオーディオのついた車。

あ?高い車買えばいいだろ?まあそうなんですけど。

0 件のコメント: