2013年10月10日木曜日

「日本のせい」来ました。

新天地も一度見たことのある韓国の「国宝一号」(だった)崇礼門。放火によって全焼する衝撃の事件から数年。(スプリンクラーもなにもなかったことから全焼しました)。国の威信をかけて再建、修復したのですが、修復後わずか5ヶ月で色を塗った一部が剥げたり褪色してしまい大問題になっています。

そして・・・。出ました「日本のせい」w

なんでも修復にあたっては韓国に当時の伝統技法の技術が残っておらず、日本から似たような接着剤や顔料を輸入して使用したんだそうです。
責任を問われたお役所は「日本から輸入された接着剤の品質に問題があった」とw

日本のせいにすれば全員愛国無罪。韓国は今日も平壌運転です。

2 件のコメント:

はまぢ さんのコメント...

誰が上手いこと言えとw

新天地 さんのコメント...

もう、南朝鮮も北朝鮮も日本にとってはネタ提供国でしか無いですもんね。区別つかない。