2013年10月7日月曜日

弾性限界、切れる限界。

鉄などの金属製品は強い力で変形させても、ある程度なら力から開放されると「もとに戻る」作用があります。例えば荷物を釣り上げるようなクレーン。釣り上げている時はしなりますが、荷物をおろせば元の形に戻ります。しかし、ある一定以上の力を加えると、金属はもとに戻らず、変形してしまいます。規定以上の重い荷物を釣り上げたらクレーンは曲がったまま戻らなくなります。この境目を金属の弾性限界といいます。そして更に力を加えると破壊されてしまいます。

外交に置き換えると、日韓関係はすでに弾性限界を超えたのかもしれませんね。もう、変形させようとする力を0にしたところで元の友好関係には戻らないところまで力を加えてしまった。韓国側は「それは最初に挑発した日本のせいだ」というかもしれない。(そうとは思わないが)仮にそうだとしても、客観的な事実として、もう手遅れなところまで来てしまっている(政治がそこまでやってしまい、マスコミが煽った。そのほうが売れるから)。

このまま放っておけばやがて韓日関係は決定的に破断するのだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろんそうなってしまえば日本も大きなマイナスなんだろうが、日本側は「そうなっても構わないよ」という態度に出ている。韓国政府はそれに気がついているのかいないのか。「日本側が信頼出来ないから韓日首脳会談はできない」とか言ってるらしいが、すでに韓国を信用している国など世界中のどこにもいないことに気がついているだろうか???

韓国はいまや政官あげて「日本をディスる」ことに力を入れています。そうすれば票になるし出世できるからです。あるいは世界で日本にはじをかかせれば、日本が根負けして歴史問題でオレてくれると本気で考えているようです。韓国は「日本の冷たさ」(敵とみなせば徹底的に村八分にする)を知らないんでしょうね。日本は世界で言われているほど友好的な民族ではありません。戦争時に見せた残虐さ。それは戦争の放棄という形で封印されましたが、今後は戦争以外の方法で発揮されるかもしれません。経済的に見捨てるとか。(すでに韓日スワップが破棄されました。それは今は些細な事かもしれませんが「本当に困ったときに今更あてにすんなよ」という強烈なメッセージでも有ります。

笑韓ウォッチャーとしては世界がどんどん韓国から孤立していくことに一抹の寂しさを覚えるのです。韓国は一人で生きていかなければいけないのです。知ったこっちゃない面もありますが。

0 件のコメント: