2013年10月4日金曜日

凱旋門賞

競馬はイギリス発祥。ヨーロッパで広がり、アメリカや日本にも伝わった。ヨーロッパでは馬主は貴族のスポーツであったり、近年ではアラブの王族のスポーツであったりする。

最高のレースはイギリスダービーかも知れないが、イギリスのダービーはとても高低差のあるコースで行われ「世界的な名馬」決定戦と言うのはフランスで行われる凱旋門賞とされてきた。

ロンシャンで行われる凱旋門賞はスピード、スタミナの両方を兼ね備えていないと勝てないとされ、実際に「名馬」と呼ばれる馬たちが制してきた。ダンシングブレーブ、リボー、セントクレスピン、シーバード、ミルリーフ、アレッジド、レインボウクエスト、トニービン、モンジュー、思いつくだけでも限りがない。これらの名馬は種馬としても大成功を収めた馬が多い。それだけ種馬として必要なスピードスタミナ、精神面などすべての完成度が必要な競争であるといえよう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本の馬も世界中のレースで勝負できるようになってきた。それは技術の向上はもちろん、世界から積極的に種馬や種牝馬輸入してきた先人の努力が実ったといえよう。

特にバブルマネーで輸入された「サンデーサイレンス」の影響は計り知れない。サンデーのお陰で日本の競馬は一挙に数十年分進化したとさえ言えるんじゃないだろうか。

「サンデーサイレンスの最後にして最高傑作」ディープインパクトが敗れた時は「永遠に日本の馬は凱旋門賞を勝てない」と新天地は思いました。しかし今年は2頭、サンデーの血を引く日本の現役最強コンビがツートップで挑みます。相手のメンバーも今年は屈指の強敵揃い。出走メンバーが勝ったG1の数を足すと今年は歴代最多になるんだとか。(もちろんオルフェーブルがたくさん勝ってるせいもあるけれど)

まともにレースになればトレブ、オルフェーブル、そしてキズナの3頭にイギリス勢、ドイツ勢が一泡吹かせられるか?というところ。

おそらく好位置につけたオルフェーブルが最後の直線で満を持して抜け出すところに、内を縫うようにしてトレブが強襲、大外から武のキズナが飛んでくる。そんな白熱のレースが期待されます。

出走前から「今年のベストレース間違いなし」の呼び声高い凱旋門賞。6日夜23時15分出走、フジテレビとグリーンチャンネルが生中継します。

歴史的瞬間かも。見なきゃ絶対損しますよ。

0 件のコメント: